ウーバーイーツのスリコは安すぎる?報酬はおかしいの?

最近のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達料金が安すぎると配達員の中で問題視されていますが果たしていくら下がったのか。現状を説明したいと思います。

問題視されるようになったのは半年くらい前からでしょうか。突然、配達料金が安くなりました。

どこの県も平日は平均1件/300円(通称スリコ)※スリーコインの略です。

少し前までは350~400円前後だったのに突然こうなってしまったのは、おかしい、1件の報酬額として安すぎると悲鳴が飛び交っています。

今回は安くなってしまった報酬額についてお話していきます。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスリコは安すぎる?バグ?

ここからは1件300円の配達(※通称スリコ)、こちらの業界用語を使ってお話していきます。

半年程前くらいから突然Uber Eats(ウーバーイーツ)の1件の配達料金がスリコになりました。

こちらに関しては配達員用のアプリからメッセージは来ていました。

ただしくは「スリコになる」というメールではなく配達料金の調整をします。

配達員側は高くなると少しは期待をされたと思いますが、料金調整語、ツイッターにて全国の配達員のツイートにて「むしろ安くなった」「安すぎる」「いつものバグだろう。すぐ直る」のようなツイートが目立っていましたがいつまでたってもスリコのままでした。

つまりはバグでもなくこれからはこの料金(スリコ)でいくのは確定になりましたね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬はおかしい?

これまでもさんざんUber Eats(ウーバーイーツ)は調整が入っていました。いい改善も悪い改善も様々です。

ですが、スリコに対しては「さすがに1件の報酬としてはおかしすぎる」としばらくの間は、配達ツイッター民は声をあげていました。

ですがどうでしょうか。僕はおかしいと思いません。

なぜか、それは配達員側のミスを全てUber Eats(ウーバーイーツ)が負担していたからと思います。

どういう事かというと、他のフードデリバリー会社は基本的には、配達員のミス(商品の破損、なんらかの理由で配達員が商品を届けられなかった場合)は、配達員が負担しています。ですがUber Eats(ウーバーイーツ)に限っては、配達員のミスをUber Eats(ウーバーイーツ)が全て負担しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が全て負担していたら時期に配達料金(お給料)が減っていくのは当たり前だと僕は思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のバイクなら300円以上も可能

Uber Eats(ウーバーイーツ)のみで配達をしている方でしたら何とかしてスリコ回避したいと思う事もあるでしょう。

不可能ではないのでスリコ回避方法を説明します。

結論配達方法を変えるということです。

徒歩、自転車での配達している方はすぐにバイク軽貨物に変えましょう。

基本的に徒歩、自転車での配達リクエストが来た時は短い距離の注文が入ります。

バイク、軽貨物の場合、短い距離も遠い距離もどちらも入ってきます。

確実にスリコを回避する事は出来ませんが、距離が遠いほど配達料金が増していくので、自転車よりもバイク、軽自動車の方が300円以上の報酬を手にする事も出来ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスリコはいつまで?

Uber Eats(ウーバーイーツ)だけで生計を立てている方でしたら

・いつまでスリコで苦労しなくてはいけないのか。
・いつかはいい方向に調整がくるのか。
・このまま変わらなかったら月収少なすぎオワタ・・・

いろいろ不安が募るばかりです。

僕の予測ですがこのまま、むしろもっと配達料金が安くなる。または何かしら配達条件が難しくなりやりずらくなると思います。

なぜか、そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)は、6年間赤字だったとツイートが公式にてツイートされていました。

根拠はそれだけですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は配送のみで利益を取っていくしかありません。

別の収益方法が見つかるまでは永遠に配達員が不利な状況が続くと僕は予想します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の300円ばかりなら掛け持ちがおすすめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のスリコに対して何とか対策しないと、と考えるでしょう。

考え方は2パターンあるのでご紹介します。

①スリコを我慢し1時間の配達回数を増やす。
300円報酬が嫌になり引退する配達員も多くいます。なので配達員が減った変わりに自分にリクエストがより入ってくるので1時間の中に詰め込んで配達をして時給を上げる方法

②別のフードデリバリーと掛け持ちして頭を使い多く稼ぐ。

こちらは件数を増やして時給を増やすのではなく、出前館DiDiフードなど別の配達会社と掛け持ちして時給を上げる方法です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)がスリコなだけで他は500~1000円での報酬がありますので、上手く掛け持ちして稼ぐ方法。

僕は②をオススメします。

理由は①は事故を起こしてしまう可能性が非常に高いからです。

②は頭を使う事になりますがそのかわりいつもと変わらない動きで時給の高さの維持が可能だからです。


スポンサーリンク


目次
閉じる