ウーバーイーツ配達員が儲からない4つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のごく一部はすごく稼いでいますが、ほとんどの配達員の方は儲かっていないのです。

せっかく働くならたくさん稼ぎたいですよね。ですがどう頑張っても難しいのが現状です。

今回は儲からない理由を4つお話します。

本業で働こうと考えている方、本業で働き始めた配達員の方たちは、こちらの事を踏まえて悩んでから決断してください。

また無理だと思ったら配達員をするよりアルバイト、社会人をする事をオススメします。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が儲からない4つの理由

Uber Eats(ウーバーイーツ)は現状、あまり儲かりません。

ツイッターでよく見かけるツイートがございます。
「1件の配達料金が安すぎる」
「安すぎるから配達するのがばかばかしく感じる」
「昔みたいに何十万も稼げなくなってもうやめたい」など…

確かに少し前までは誰しもが何十万円も稼いでいるのも見かけました。

稼げなくなってきているのには理由があります。

後ほど1つずつ細かく理由をお話しますので、まずは4つの儲からなくなってしまった理由をご紹介します。

1.配達員が増えたこと
2.スリコ(300円)の配達料金になった事
3.Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用していたお客様が他社のサービスも利用するようになったから。
4.配達員がこれからもっと増えるかもしれないから。←こちらに関しては予測になります。

配達員がめちゃくちゃ増えた

それでは1つ目のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員がめちゃくちゃ増えた事についてです。

会社・学校へ向かう道中に1人は配達員を見るようになった事でしょう。

少し前まではたまに見るよね?くらいだったと思いますが、今では右みても左をみても配達員しかいませんよね。

なぜこんなに増えたのか。
・コロナが理由で職を失った方
・学生がアルバイトではなく配達員になる事を選ぶようになった事
・副業始めたいと考えた時真っ先に配達員が第一候補になった事

なぜこんなに配達員になる事が当たり前のようになったのか。

・アルバイトはめんどくさい。
・他人と関わるのがストレス
・好きな時に働ける環境がいい

お金を稼ぐのに最適なステージだと思うので配達員になる事が当たり前になったのだと思います。

スリコで報酬が少なくなった

Uber Eats(ウーバーイーツ)の1件の報酬がスリコ(300円)になってストレスが無い状況からストレスしかない状況に変わりました。

ですが、スリコになってから配達デビューをされた方でしたらそこまで負担になっていないと思いますが、今いる配達員の方たちは、ほとんどスリコになる前から働いています。

昔からいる配達員の方たちは週に10万円以上、月に30~40万円ほど稼いでいました。

それが、スリコになってどうでしょう。今は月に30万円も稼ぐのはなかなかしんどいです。

社会人の頃を思い出してこれなら社会人をやっていた頃と給料が変わらない。

それなら社会人をやりなおそうと考え直す事でしょう。

注文者が他社サービスを利用している

Uber Eats(ウーバーイーツ)を頼むお客様がなぜ他社に移行してしまっているのか。
何点か理由がございます。

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の質が悪くなってきている。
配達料金が安くなるにつれてやる気が無くなってきているのが理由かと思われます。

2.他社サービスがお料理の割引、送料無料だから。
Uber Eats(ウーバーイーツ)も時間制限で送料無料やイーツパスという物を申し込めば、送料が無料にはなりますがイーツパスは月額制で結局お金を払っていますが、他社様は無料じゃなくても〇〇円以上頼めば送料無料 や 送料がUber Eats(ウーバーイーツ)と比較してとても安いから。

3.配達員自体も他社で働くようになりUber Eats(ウーバーイーツ)で頼んで届くまで時間がかかるようになってきている。

配達員がこれからも増える可能性がある

こちらは私の予想ではありますが、今後もUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は増えていくと思います。

すぐに稼げる環境があれば本業でも副業でもすぐにやろうと考える事でしょう。

・アルバイトをするくらいなら配達員
・好きな時間暇な時間に少しだけ働きたいから配達員
・晩酌のお酒、ご飯代を少し稼ぎたいから配達員

配達員になる理由を探したらキリがありません。

配達員の登録から働けるようになるまで1週間もかかりません。

それならわざわざアルバイトでお小遣いを稼ごうとは思わないでしょう。

「稼げなくなったから引退しよう」と同時に配達員になろうの繰り返しです。

どうでしょうか、4点ご説明させていただきましたがこれでも配達員をやろう。続けようと思いますか?今一度、じっくり考えてから決断した方がいいと思います。


スポンサーリンク


目次
閉じる