Uber Eats配達員の同時配達のメリット・デメリット!稼げる?

Uber Eats の配達員が同時配達するにあたって、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

また同時配達することにより稼げるのか、という点もここではみていきたいです。

まず、同時配達とはなにかですが、ダブルピックとも呼ばれており、あるお店で同時にオーダーが来た場合に一人の配達員が2件分届けるというものです。

ここからは同時配達のメリット・デメリット、稼げるのかについてみていきたいです。

目次

Uber Eats 配達員の同時配達(ダブルピック)とは?

Uber Eats の配達員が同時配達するのが、どのようなものか気になるところですね。

ダブルピックをするのに効率的だと考えられるのは、ダブルピック無しで1件の配送をするのとダブルピックありで2件こなす場合、そしてダブルピック無しで2件配達した場合にどの配達が一番いいかです。

言うまでもないですが、ダブルピックアリで2件こなすのがいちばん稼げます。

またインセンティブ(クエスト)の件数も2件扱いになるので、効率的な配達であると思われます。

そしてクエストの件数もギリギリだと倍に扱われるので、それだけ報酬も多く見込まれます。

全体の配達員の立場から見ると、Uber Eats から決められた件数しか配達できないのであれば、ダブルピックを受けた件数だけ受取金額が減ってしまうこともあります。

ダブルピックを受けただけ、Uber Eats 側から支払われる報酬も減ってしまうことがあるので要注意ですね。

Uber Eats 配達員の同時配達のメリット

Uber Eats の配達員が同時配達で受けられるメリットについてです。

効率よく配達をこなせるということもあります。また、距離料金と受け取り料金が一度に入ってくるので、長距離の配達では距離料金が大きく加算される、といったことも挙げられます。

二つ目はクエストの達成が早くできることです。クエストの達成には乗車回数を稼ぐことも必要です。

同時配達では、1度で2回分乗車したことになるので、大きなポイントになると思われます。

1回ごとでクエストを達成させるよりも、効率よくこなしていけるのが同時配達であります。

そして料理の出来上がりの待ち時間を減らすことができます。

2件分の配達を1度に集約することができるので、1件目のすぐ後で2件目の配達がすぐ完了できるのは大きなメリットですよね。

Uber Eats 配達員の同時配達のデメリット

ここでは、Uber Eats の配達員が同時配達する際のデメリットを挙げていきたいです。

配達員の視点で見てみると、同時配達はメリットよりデメリットのほうが多いようです。

Uber Eats 側から配達員に支払われる報酬が同時配達によって減らされてしまうことがあります。

注文者からの視点でみると、同時配達になることによって注文した商品が届くのが遅くなり、料理が冷めてしまう、といったこともあるのです。

同時配達の1件目で、通常の配達をしてから2件目の配達に向かうのでどうしても2件目は届くのが遅くなってしまいます。

レストランから同時配達がどうみえるのか、ということですが、残念ながらレストランは同時配達によって料理が冷めてしまってお客様に美味しい料理を味わってもらえない、とマイナスに捉えられてしまっている傾向があるようです。

なので、同時配達は受け付けない、同時配達をする配達員にもマイナスの印象を持ってしまいがちなのです。

Uber Eats 配達員は同時配達は稼げる?

Uber Eats の配達員は同時配達で稼げるのでしょうか。

結論から言うと、同時配達するのは稼げるといえるでしょう。

まずは同時配達は効率よく商品を届けられるという理由です。

1人で2回分の注文をするお客様も中にはいるので、1か所で2回分配達することができた、ということになります。

注文番号は違っていても、お客様の名前は同じなので、同時配達NGのお店でもOKしてもらえることがあります。

2回の同時配達の注文から、1か所の距離が近い場合にも2件配達したということになる場合もあります。

例えば、1階のレストランで注文を受けて、その建物の5階に配達してもう1件はその隣の建物に配達といったこともあるのです。

そのような場合は、実質1件しか配達していないようなものなので、多く報酬を得ることができるのです。

そして、中にはチップをくれるお客様もいます。同時配達で2件配達して、チップまでもらえたらなおいいですよね。

Uber Eats 注文者の同時配達は送料無料にならない?

Uber Eats では近くのユーザーと同時配達をすると送料無料になります。

どれだけ配送料金が高くても注文者は送料無料になるので、お得に料理を注文することができます。

遠くにあるお店などは配送料が高くなりますが、同時配達によって距離による配送料はかからないので配達員の不足などからくる送料追加なども気にせずに配達無料で料理を楽しむことができるのです。

同時配達で注文する場合はアプリの中で表示されているお店の中から選んでオファーが有効な時間に注文をすることが重要です。

注意点は同時配達は決まった時間、期間に現れるものなので、自分がオーダーしたいお店をアプリでチェックしておくと良いでしょう。

同時配達はお店の種類などが限られてしまうというデメリットこそありますが、配達手数料を完全に無料化できるメリットのほうがあるので、使ってみるのもアリですね。


スポンサーリンク


目次
閉じる