Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiの違いを比較!掛け持ち・同時が稼げる?

フードデリバリーサービスの配達員におすすめの2社のUber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードを比較してみました。

配達エリア、稼働時間、現金払い、バッグ、報酬の違いや掛け持ち、同時オンラインで稼げるか検証しています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードを登録することでより稼ぐことができます。

Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsは、配達件数が1番多いことやプロモーションが充実しています。

DiDiフード
DiDi Food 配達パートナー募集

DiDiフードは、Uber Eatsと同じくらい配達件数が多く、掛け持ちで配達する人も多いサービスです。

招待コード:FOOD-JNJBKG

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの配達エリアの違いを比較

Uber Eatsdidi
全国47都道府県全国10府県

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの配達エリアを比較するとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が配達エリアが広くなります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、全国47都道府県ですが、didiフードは、10府県(大阪府、兵庫県、福岡県、広島県 、京都府、愛知県、沖縄県、宮城県、奈良県、静岡県)です。

didiフードは東京都、北海道は進出予定で大きな都市では稼働することができます。

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの稼働時間の違いを比較

Uber Eatsdidi
7時~25時9時~25時

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの稼働時間を比較するとUber Eats(ウーバーイーツ)の方が長いことがわかります。

また、東京のUber Eats(ウーバーイーツ)の都心では24時間稼働できる場所もあります。

基本的にはいつでも可能することができます。

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの現金払いを比較

Uber Eatsdidi
選択制必須

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、現金をアプリ上でONとOFFに切り替えることができます。

DiDiフードは、現金払いは必須なので選択することはできません。

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)でも現金払いに対応することで配達の回数が増える可能性があります。また、その場で現金を受け取るメリットもあります。

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードのバッグの違いを比較

Uber Eatsdidi
自由基本的に自由

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、専用のバッグもありますが、基本的には自由です。

DiDiフードも専用のバッグがありますが、基本的には自由です。ただし、トラブルが起きた場合には保証が対象外となります。

また、DiDiフードの専用バッグはパートナーハブで受け取ることができます。バッグを返却すると4000円が戻るので実質無料です。

DiDiフードに登録してバッグを使う方がおすすめなことがわかります。

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの報酬の違いを比較

Uber Eatsdidi
受取報酬自転車:140円
バイク:150円
215円
受渡報酬150円105円
距離報酬自転車:1km45円
バイク:50円
1km60円
インセンティブ

最近のUber Eats(ウーバーイーツ)は、曜日や時間帯によって変動するため、上記の料金にならないことがあります。

DiDiフードは、距離によって報酬が変わります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードは、どちらもインセンティブ報酬があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピーク料金は、1件あたり100円~375円、ブーストボーナス1.1~1.6倍、クエストボーナス。DiDiフードは、ピーク料金は、1件あたり100円~400円、クエストボーナスがあります。

クエストボーナスは、配達エリアや配達回数によって異なります。

【配達員】Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードの掛け持ち・同時オンラインが稼げる?


Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードを掛け持ちすることでより稼ぐことは可能です。

同時オンラインもできるので、同時にアプリを起動することで配達の回数を増やすことができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)とDiDiフードのクエストを達成することができれば1週間に20万円以上稼ぐ人もいます。

最初に同時稼働はなかなか慣れないと思うので、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)またはDiDiフードで数回配達して、その後に同時に稼働することがおすすめです。

Uber Eats
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eatsは、配達件数が1番多いことやプロモーションが充実しています。

DiDiフード
DiDi Food 配達パートナー募集

DiDiフードは、Uber Eatsと同じくらい配達件数が多く、掛け持ちで配達する人も多いサービスです。

招待コード:FOOD-JNJBKG


スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました