トマトジュースは体にとても良い健康食品です。それに、朝の忙しい時などコップ1杯飲むだけでも簡単に健康維持に繋がります。

そのトマトジュースに、オリーブオイルを混ぜて飲むとより高い効果が現れると言われているのです。

辛い便秘も解消され、お腹もスッキリすると言うのです。しかし、効果を高めるには混ぜる量が大切なのだそうです。

体にいいと言われるトマトジュースとオリーブオイルの組み合わせについてどのようなメリットがあるのか調べてみました。


トマトジュースにオリーブオイルを混ぜると便秘に効果あり!

トマトジュース
毎朝スムージーを作って飲んでいる人が最近多くなっていますが、野菜系のジュースは簡単に飲め、なおかつ満腹感も得られるので、朝は食欲がないと言う人にも簡単に栄養が摂れ時間に追われることもないメリットがありますね。

しかし、野菜系のスムージーを作るにも野菜の高騰でストックするのも難しいでしょう。

しかし、トマトジュースならいつでもスーパーやコンビニで買い求められ、価格もそれほど高くないので手軽に飲めるのではないでしょうか。

最近ネットでよく見るのは、トマトジュースにオリーブオイルを混ぜるとより体にいい効果が現れると言う記事です。

そして、女性の悩みが多い便秘にもその効果があると言われているのです。

トマトジュースにはもともと食物繊維やカリウムなどが含まれており、腸内作用が活発化し便秘解消にいいと言われています。

オリーブオイルを混ぜるとより便秘に効くのです。オリーブオイルの油分が便を柔くし通りをよくする働きをするのです。

トマトジュースとオリーブオイルを混ぜることによって便秘に効果があると言うのは、トマトジュースに含まれているリコピンは脂溶性なのでオリーブオイルと一緒に取ることでその栄養素の吸収率を高めてくれるのです。

どちらも単品でも栄養素は高いのですが、合わせることで相乗効果が現れより便秘にいいようです。

トマトジュースの効果的な飲み方や時間とは?ニキビや血圧にも効果抜群!

トマトジュースにオリーブオイルに入れる時の量は?

トマトジュースにオリーブオイルを混ぜると便秘などに効くと言うことはわかりましたが、量の配分などはどのくらいが最適なのでしょう。そして飲み方に何か工夫などあるのでしょうか。

トマトジュースに加えるオリーブオイルの量については記事によってまちまちなのですが、調べてみるとトマトジュース200gに対して、オリーブオイル20gと、1割の量が最適のようです。

できれば、食塩無添加のトマトジュースにエキストラヴァージンのオリーブオイルの組み合わせがより体にいいと言われています。

そして、飲み方にも工夫があり、トマトジュースを電子レンジにかけ、ホットトマトジュースを作りそこにオリーブオイルを混ぜて飲むとより効果が現れると言うのです。

電子レンジは、500Wだと2分、600Wだと1分30秒くらい温めるのがベストのようです。温めるとスープ感覚になりますし、ゆっくり飲むことで満腹感を得て食事も食べ過ぎることも無くなりそうですね。

飲む時間帯については、朝がいいと言う人もいますし、就寝前という人もいますが、就寝時に効くのは22:00から2:00までの成長ホルモンが分泌される時間帯が大事になると言われていますので、自分の生活リズムが大事になってきますね。

便秘解消のためには自分の生活時間の中で色々試しながら飲むこともいいかもしれませんね。


スポンサーリンク

トマトジュースにオリーブオイルを入れるメリットとは?

トマトジュース効果
トマトジュースにオリーブオイルを混ぜて飲むメリットは、便秘だけではありません。

トマトジュースにはリコピンや食物繊維など多くの栄養素を含んでいます。

オリーブオイルにはオレイン酸、ビタミンE、ポリフェノール、βカロテン、脂質が含まれています。

トマトジュースにオリーブオイルを混ぜて飲むメリットはたくさんありますが、男女問わず社会問題にもなっている生活習慣病と言われる高血圧や糖尿病などの予防に効果があると言われているのです。

また、ダイエットや、美白効果など美肌にもいいと言うことで女性の多くの悩みにも大きなメリットがあります。

トマトジュースはいつ飲むと効果的!オリーブオイルは相性がいい?

まとめ

トマトジュースとオリーブオイルを混ぜて飲むと、便秘解消だけでなく生活習慣病や肥満、美肌に効果が現れると言うことがわかりました。

分量の割合としては、200gの時には20g、150gの時には15gと、大体トマトジュースに対して1割のオリーブオイルの量が最適なようですね。

できれば無塩のトマトジュースにエキストラヴァージンのオリーブオイルの組み合わせが体にはいいようです。

またホットにすることでより効果が高まるとも言われているので、色々試しながら自分の飲みやすいように工夫することをおすすめします。

スポンサードリンク