トマトジュースを飲み続けていると体にいいという話を聞いたことはありませんか?

トマトが赤くなると医者が青くなるというほど、トマトは健康野菜として知られています。

生のトマトよりジュースの方が効率よく栄養素が摂られる場合もあります。

トマトジュースの効果的な飲み方、朝か夜か飲む時間など知っておくとより体の為になるでしょう。

またニキビや血圧に効くとも聞きます。美白効果や美肌になるとも言われているトマトジュースについて調べてみました。


トマトジュースの効果的な飲み方とは?朝の時間が効果あり!

トマトジュース効果
野菜不足の時にジュースで補う人も多いと思いますが、野菜ジュースはちょっと苦手という人にもトマトジュースなら大丈夫という人もいますよね。

体のために飲むのならより効果的な飲み方を知りたいですね。朝と寝る前ならどちらがいいのかその時間によって効果の現れ方も違ってきます。

ネットでは寝る前がいいという人もいますが、朝飲むとより効果的とも言われています。朝食を食べる前にトマトジュースを飲むと腸内が活発化し便秘解消になるのです。

全身の血液循環もよくなり、トマトジュースに含まれている栄養素が体全体に行き渡り代謝もアップするようです。

いつも朝食を食べないとか、食べる時間がないという人でもジュース1杯なら簡単に飲めるでしょう。

ダイエットには就寝前がいいという話も聞きますが、成長ホルモンが分泌する時間帯という22時から2時までの睡眠のゴールデンタイムに合わせないといい効果が現れないとも言われているので、生活習慣が整っている人には効果があるようです。

目的によって飲む時間を調節することが効果的な飲み方だと思いますが、朝に飲むことでよりたくさんの効果を得られるようです。

ニキビや血圧にも効果抜群!

トマトジュースには他にもニキビにも効果がいいと言われています。

トマトジュースに含まれるリコピンがニキビの原因と言われる活性酸素を消すと言われているのです。

よく聞く抗酸化作用が高いのです。その能力はβカロテンの2倍もあると言われています。

それにニキビの原因にもなる便秘にもトマトジュースの効果が現れるのでよりニキビに効くのでしょう。

また、年々増えている高血圧の人口ですが、トマトジュースが高血圧にも効果があると言われているのです。

トマトジュースにはカリウムは豊富に含まれているので、コップ1杯で1日に必要とされるカリウムの3分の1の量を摂取できるというのです。

そのカリウムが血圧を下げる効果があるので、積極的にトマトジュースを飲むと高血圧になりにくいと言われているのです。

また、カリウムにはむくみ解消の働きをしてくれるので、高血圧でむくみ体質の人には効果抜群の飲み物なのです。

しかし、高血圧は塩分を気にしなくてはならないので、無塩のトマトジュースを選んでください。

ただ、腎臓や肝臓に疾患があったり機能が低下している人はカリウムの過剰摂取は高カリウム血症になる可能性があるので、飲み過ぎに気をつけてください。


スポンサーリンク

美白や美肌になれるのか?

トマトジュース効果
ニキビにも効くというトマトジュースに含まれているリコピンですが、肌にいいということで、美肌効果にもいいのです。

抗酸化作用が高いリコピンは、コラーゲンを活性酸素や紫外線などのダメージから守る働きに加え、コラーゲンの生成を促してくれるというのです。

また、シミを構成する黒い色素であるメラニンを作る作用をブロックする働きをしてくれるリコピンは肌をシミやシワから守り美肌を保つ大切な栄養素なのです。

リコピンはトマトに多く含まれているのでトマトジュースを飲み続けている人に美白できめ細やかな肌をしてる人が多いと言われているのです。

朝にトマトジュースを飲むとリコピンがより効率的に吸収されるということで、美肌のためには朝の1杯が大事でしょう。

ストレスや紫外線、排気ガスなど日常生活を送る上で発生する活性酸素で錆びついた体にリコピンが効くということで現代人には欠かせない栄養素を含んだトマトジュースが注目を浴びているのでしょう。

トマトが苦手という人もいるでしょうが、トマトジュースなら大丈夫かもしれないので、ぜひ体のためにも挑戦して飲んで欲しいですね。

トマトジュースにオリーブオイルを混ぜると便秘解消!量がポイント!

まとめ

色々なメーカーからたくさんの種類が発売されているトマトジュースですが、生のトマトよりもトマトジュースの方がリコピンやカリウムの栄養価が高いのです。

このリコピンやカリウムは効果的な飲み方、時間によって体によりいい効果を発揮します。

朝に飲むとリコピンの吸収力が強く、ニキビや美白効果など肌にいいと言われています。

またカリウムは高血圧やむくみに効くとのことです。

しかし、ダイエットには就寝時に飲むのもいいと言われていますし、飲み過ぎは腎臓や肝臓の働きが低下している人は気をつけなければならないという事で、朝だけでなく自分に合った飲み方や過剰摂取に気をつけて、トマトジュースのいいところを上手に取り入れることが大事でしょう。

スポンサードリンク