東京駅に隣接している大丸東京店のレストランは、12階・13階にあるのですが、12階は和・洋・中と揃っていて何を食べるか迷ってしまいます。

13階はXEX TOKYOという最上階で東京の景色を眺めながらゆっくりと食事を楽しむフロアとなっています。

昔はデパートでランチというと贅沢な気持ちになりましたが、最近は気軽に楽しむ人が多くなっています。

今回は、大丸東京店の12階・13階でおすすめのランチのお店10店舗を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ゼックストウキョウ サルヴァトーレ クオモブロス

まず紹介するのは、「ゼックストウキョウサルヴァトーレ クオモブロス」です。

東京駅に隣接している大丸東京店は、12階・13階がレストランのフロアになっています。

13階はXEX TOKYOという名で、最上階ならではの景色を楽しみながら食事をも楽しむというフロアになっています。

その13階にある「ゼックストウキョウサルヴァトーレ クオモブロス」のランチメニューは、2900円のブッフェスタイルと、3800円と5900円の2つのコースがあるのですが、口コミを見るとブッフェスタイルでランチする人が多いようです。

時間は90分制で、9種類の中かメインを1つ選び、前菜・サラダなどはブッフェで好きなように選んで食べられるのですが、その中にあるピザが美味しいとの評判が高いです。

特注の窯で焼き上げているピザをブッフェスタイルで食べられるのはお得感がありますね。ランチの営業時間は11:00から16:00(LO15:00)です。

年齢制限がないので小さなお子様を連れての来店ができることもママ友ランチにはいいかもしれません。

貸切の予約で入れないこともあるのでHPでその日の状況を見て、予約してから来店することをお勧めします。

鉄板焼An

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店13階にあるレストランフロアXEX TOKYO「鉄板焼きAn」です。

ランチは平日が、お得な鉄板焼きコース・1800円、ヘルシーステーキコース・2900円、贅沢シーフードコース・4800円、極上ステーキ鉄板焼きコース・5800円~の4コース。

土日が、ヘルシーステーキコース・2900円、贅沢シーフードコース・4800円、極上ステーキ鉄板焼きコース・5800円~、プレミアム鉄板焼きコース・8800円の4コースになります。

おすすめは、平日のお得な鉄板焼きコースのハンバーグです。ステーキも良いですが、「鉄板焼きAn」のハンバーグは特に人気があります。

目の前で焼いてくれる鉄板焼きは目でも楽しめますし、美味しさもより感じるのではないでしょうか。

個室もあるのでちょっとした会合にも使えますね。年齢制限があり、平日は中学生以上からとなっています。但し、土日祝日は小学生は要予約で、テーブル席を設けていただけるそうです。

大丸東京店13階のXEX TOKYOは、フロア全体がちょっと大人向きになっているので、たまには夫婦のみで贅沢するのもいいかもしれないですね。

営業時間は11:00から16:00(LO15:00)です。貸切でクローズしている時もあるので、来店の際は予約することをお勧めします。

天ぷら新宿つな八 大丸店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「天ぷら新宿つな八 大丸店」です。

大丸東京店12階はレストランのフロアになっているので、ランチ時にはたくさんの人が訪れます。

「天ぷら新宿つな八」は、カウンター席で天ぷらを揚げているところを見ながら、揚げたてを食べられるので贅沢感を味わえるとの声が多いです。

カウンター席でなくても、窓際の席からは東京駅や皇居などを眺められるので景色とともに美味しい天ぷらを味わえることが人気のようです。

「天ぷら新宿つな八」のおすすめとしてランチ時には、ランチ天麩羅膳・2160円、ランチ上天麩羅膳・2916円、ランチ綱八丼・2268円などセットメニューがいいかもしれません。

料金は高めに思うかもしれませんが、味と量と場所柄合わせて総合的に納得できます。

ランチ営業時間は11:00から16:00(LO16:00)ですが、食材の入荷状況により早めに終了する場合もあります。個室もあるのでちょっとした食事会などにも利用できますね。

日本ばし すし鉄

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「日本ばし すし鉄」です。

12階のレストランフロアにあり、気軽にお寿司が楽しめると思います。

和食でも寿司となるとちょっと肩に力が入る時がありますが、百貨店のランチなので買い物の合間にちょっと贅沢気分を味わうのにはちょうどいいのかもしれないですね。

落ち着いた雰囲気の店内で、窓から東京駅の景色を見ながら寿司を食べるのも、より贅沢な気分になれるのではないでしょうか。

「日本ばし すし鉄」のおすすめランチメニューは「江戸前吹き寄せ」1296円です。

握りもいいですが、ランチメニューなので、気軽な感じで丼でネタを楽しむのもたまにはいいかもしれません。

「日本ばし すし鉄」の営業時間は、11:00から23:00(LO22:00)です。ランチの営業時間は区切られていないのですが、「江戸前吹き寄せ」は限定30食となっています。

永坂更科 布屋太兵衛 大丸東京店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「永坂更科 布屋太兵衛 大丸東京店」です。

レストランフロアの12階にあり、老舗蕎麦屋ということで味に定評があります。

「永坂更科 布屋太兵衛 大丸東京店」のおすすめランチメニューは、海鮮天重3024円です。他にも、そばのみの芯のみを使用した純白の御前そば・939円、石臼挽きのそば粉のみを使った蕎麦の香り豊かな生粉打そば・939円などや、二八そばと更科そばの合い盛りに天丼のついたセットなどがあります。

「永坂更科 布屋太兵衛 大丸東京店」では、つけ汁があま汁とから汁の2種類がついてくるので、お好みで色々な食べ方を楽しむことができます。冷たいそばだけでなく温かいそばもあり、メニューが豊富です。

それぞれ好みによってや、その日の気分で選ぶのもいいでしょう。また1品料理の味も定評があるので、駅の構内を目にしてちょっとお酒を嗜みながら蕎麦屋の1品料理を楽しむのも粋な感じがしますね。

営業時間は11:00から23:00(LO22:00)です。


スポンサーリンク

馳走三昧 大丸東京店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「馳走三昧 大丸東京店」です。

レストランフロアの中でも広い店内でブッフェスタイルでランチを楽しめる「馳走三昧 大丸東京店」は、バイキングということで食べ放題・飲み放題が90分間、平日ランチ大人料金2300円、土日祝日ランチ2600円で楽しめます。小学生は、1300円。小学生未満は、700円。2歳以下は無料です。

予約は平日ディナーのみとなっています。144席もある広さに、90分の時間制限があるので、時間差でそれほど待ち時間は少ないと思います。

常時60種類の料理が揃っているのですが、1番人気はカニの食べ放題ではないでしょうか。

平日ランチの営業時間は、11:00から17:00までです。ランチに何を食べるか迷ったときなどは、色々揃っている「馳走三昧 大丸東京店」がおすすめかもしれませんね。

友達とワイワイしながらのバイキングは楽しいでしょう。

ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「ブラッスリー・ポール・ボキューズ 大丸東京」です。

フレンチレストランというと高級というイメージを持たれますが、大丸東京店にある「ブラッスリー・ポール・ボキューズ」は百貨店の12階のレストランフロアにあり、老若男女問わず来店するためか、ランチコースは2000円税別(メインディッシュ・デザート・コーヒーまたは紅茶)と3800円税別(前菜・メインディッシュ・デザート・コーヒーまたは紅茶)のコースとなっていて、価格的に気軽にフランス料理を楽しめるお店として評判もいいですね。

おすすめとしては、2000円のコースではないでしょうか。3800円のコースはディナーでも食べられるので、前菜はありませんが十分フレンチを楽しめると思います。10月からコース内容が変わり、3500円・5000円・6800円のコースがなくなり、ランチは2000円と3800円の2つのコースのみになります。

平日のランチでも混雑は考えられるので、もし先に来店が決まっているならば予約していくことをお勧めします。

ランチの営業時間は、11:00から15:30(LO14:30)です。

つばめグリル 大丸東京店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「つばめグリル 大丸東京店」です。

12階のレストランフロアにある「つばめグリル」は、洋食屋として人気も高いです。

新橋に1930年に開業した老舗の洋食屋として老若男女から親しまれてきた「つばめグリル」が百貨店に出店となると買い物と一緒に楽しめるのでリピーターも多いようですね。

ランチのおすすめメニューは、「トマトサラダ付きつばめ風ハンブルグステーキ」1490円でしょう。アルミホイルに包まれたハンバーグは、ナイフとフォークでカットすると中から湯気と一緒にビーフシチューが溢れてきて幸せな気持ちになります。

他にも自家製ソーセージ入りロールキャベツや帆立貝のクリームコロッケ、シーフードグラタンなど街の洋食屋で人気のあるメニューが揃っています。

洋食はどうしてもカロリーが気になりますよね。つばめ風ハンブルグステーキは約1200kcalとちょっと高めかもしれませんが毎日食べるものでもないでしょうから、たまにはカロリーを気にせず、美味しさを楽しんでほしいです。

ランチの営業時間は、11:00から17:00までです。

サバティーニ・ディ・フィレンツェ 大丸東京店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「サバティーニ・ディ・フィレンツェ 大丸東京店」です。

12階のレストランフロアには老舗の店や有名シェフの店が出店していますが、「サバティーニ・ディ・フィレンツェ」もイタリア政府に認められた一流のイタリアンの店として親しまれてきた1店です。

大丸東京店に出店したことで、買い物も楽しめ、イタリアンも楽しめるとあって、元々のサバティーニ・ディ・フィレンツェ のリピーターも多く来店しています。

メニューはたくさんありますが、迷ってしまう人には、パスタランチ・2250円、サバティーニランチ・3000円、トスカーナコース・4000円、フィレンツェコース6804円と、4つのランチコースをおすすめします。

価格に差があるので、その時のシチュエーションに合わせてコースを選ぶのもいいと思います。

特に、トスカーナコースとフィレンツェコースは特別ランチコースとなっているので、予約してから来店することをおすすめします。

ランチの営業時間は11:00から14:00までです。

たん熊北店 大丸東京店

次に紹介するのは、東京駅に隣接している大丸東京店12階にある「たん熊北店 大丸東京店」です。

東京の大丸で京都の会席料理を楽しめるということで、人気も高いです。「たん熊北店」は京都に本店があるのですが、昭和3年開業の老舗店であり四季折々の繊細な料理を堪能できる店として知られています。

大丸東京店のレストランフロアとしてはちょっと他の店からするとランクが上がってしまうのですが、ランチメニューは、昼膳の北山・3780円、縁高膳の堀川・4860円、会席料理の清水・6480円などの他に、1日10食限定の日替わりランチ・4104円や1日15食限定のレディースランチプレート・3990円があります。

ランチメニューでもちょっと値が張るので躊躇してしまいそうですが、目で楽しみ、口で味わい、京の雰囲気を感じるのもたまの贅沢としてはいいかもしれませんね。

また、うすかわ大福と豆大福詰め合わせが3780円でネット販売してあり、こちらも人気の商品です。大丸松坂屋、高島屋、楽天などで取り扱っています。

まとめ

今回は東京駅八重洲北口改札を出てすぐのところにある大丸東京店のレストランとして、12階、13階にあるおすすめのランチの店を紹介しましたが、やはり百貨店のレストランフロアとあって、ちょっと高めの店が多いように思いました。それだけ味にこだわりもあるのでしょう。

老舗の味を楽しめることや、丸の内の景色を楽しめるということで、見晴らしのいいところで美味しいものを食べると、たまの贅沢もリフレッシュになるかもしれません。

東京駅大丸の行列店ニューヨークキャラメルサンドが美味しい


スポンサーリンク