マックスコーヒー(=マッカン)は千葉県を中心に販売されています。とにかく甘いコーヒーなので、カロリーやカフェインが気になってしまいます。

マックスコーヒーの販売地域がどこであるのか、関西では販売していないのか紹介します。


スポンサーリンク

マックスコーヒーの販売地域は?関西では販売していないのか?

マックスコーヒーは1975年に発売された当初の販売地域は、千葉県と茨城県になります。その後は埼玉県、栃木県にも広げています。

私も学生時代に東京に住んでいた時にマックスコーヒーの存在を知りました。友達が千葉に帰る時にマックスコーヒーを買ってきてと頼んでいました。甘党の私にとっては唯一飲めるコーヒーがマックスコーヒーでしたね。懐かしい思い出です。

今は千葉や茨木だけではなく東京でも買えるようになりました。東京では2006年から販売しています。当初はペットボトルは発売されていませんでしたが、2007年5月より千葉・茨木・栃木でペットボトルを販売しています。

現在の販売地域は以下の都道府県になっています。大阪などの関西でも発売されることがありますが、期間限定で販売されるので、関西でずっと買うことはできないようです。大阪の方は関東に知り合いがいたらお土産として買ってきてもらうといいと思います。

通販なら楽天で買えるようです。
〔飲料〕楽天最安値に挑戦中★2ケースまで同梱可★コカ・コーラ ジョージア マックスコーヒー 250缶(250g・250ml)1ケース30本入り缶コーヒー 在庫調整の為大安売り!!【RCP】【lucky5days】


スポンサーリンク

・千葉県
・東京都
・山形県
・宮城県
・福島県
・埼玉県
・神奈川県
・栃木県
・群馬県
・茨城県
・山梨県
・新潟県
・富山県
・石川県
・福井県
・長野県
・愛知県
・三重県
・静岡県
・岐阜県
・北海道

マックスコーヒー販売地域

カロリーやカフェイン量が知りたい!砂糖の量はすごい!

マックスコーヒーのカロリーは、100mlあたり48キロカロリーになります。発売当時のカロリーは90キロカロリーあったそうです。今でもカロリーは高いと思っていましたが、発売当初と比べると低くなりましたね。

カフェインの量になりますが、100mlあたりのカフェイン量は40mgとなっています。

マックスコーヒーの砂糖の量は250mlで24.5g、ペットボトルの500mlの場合は49gの糖分が含まれています。マックスコーヒーは甘いので砂糖の量は多くなるのは当然ですね。

まとめ

マックスコーヒーの販売地域は千葉県や東京を中心で販売されています。大阪などの関西では期間限定で発売されることもあるようです。100mlあたり48キロカロリーでカフェイン量は40mgとなります。

マックスコーヒーの作り方もあるようですが、難しいと思います。通販でも取り寄せすることもできますので、飲んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク