数多いファーストフードの中でも、人気のあるハンバーガー店のモスバーガーですが、朝から利用する社会人や学生なども多くみられます。

しかし朝は行ったことのないという人もいるでしょう。

何時から朝は営業しているのか、朝の通常メニューはどのようなものがあり、何時まで取り扱いがあるのかなど、仕事や学校へ行く前にモスバーガーを利用したいと思っている人に向けて、営業時間、朝メニュー取り扱い時間とメニューなど色々調べてみました。


スポンサーリンク

モスバーガー 朝の通常メニューは?

朝の通勤途中や、登校途中にちょっと寄って時間があるときはイートインにしたり、また時間がないときはテイクアウトしたりと、朝食にモスバーガーなどのファーストフード店を利用する人も多いのではないでしょうか。

しかし慣れている人には手軽な感覚で利用できますが、初めての人にとっては朝の時間がない忙しいときにレジで時間を取るのも恥ずかしいから、メニューなど分からなくて入りにくいとか、メニューがたくさんあると悩んで時間を無駄にしてしまうなどと躊躇する人もいるかもしれません。

朝モスの通常メニューを把握しておくと、行く前にどれを食べるか決めることもできますし、悩まずにスマートに注文すれば他人の目も気にしなくて済みますね。

朝食をしっかり食べたいけれど作るのがめんどくさいとか、つい寝坊して作る時間がなかったときに便利なモスバーガーの朝メニューですが、がっつりしたものから軽いものまで7種類あります。

おすすめは、朝のバランスプレート〈卵とベーコン&ミートソース〉390円です。ただ、これはイートインメニューとなっています。

テイクアウトメニューは、モーニングバーガーB.L.T.・270円(ドリンクセット430円)モーニング野菜バーガー・320円(ドリンクセット480円)、モーニング野菜チーズバーガー・350円(ドリンクセット510円)、ソイモーニング野菜バーガー・320円(ドリンクセット480円)、ソイモーニング野菜チーズバーガー・350円(510円)、トースト・170円(ドリンクセット330円)、ストロベリージャム・20円があります。


スポンサーリンク

ソイモーニング野菜バーガーと、ソイモーニング野菜チーズバーガーに使われているパティは、大豆由来の植物性タンパク質を使った「ソイパティ」を使っており、ヘルシーになっています。以前はライスバーガーも朝モスのメニューにあったのですが、メニューのリニューアルによって取り扱いがなくなりました。

しかし、店舗によっては、朝モスの時間内でも時間によって通常のレギュラーメニューを提供している店もあるので、ポテトが食べたい時などは店員さんに聞いてみるといいでしょう。

朝のバランスプレート以外は、店舗取り扱いメニューがあれば持ち帰りできますので、会社や学校で朝食を摂る人にも便利です。

朝の時間は何時からなのか?

モスバーガーの営業時間は店舗によって違いますし、取り扱いメニューも店舗によって若干の違いがあります。

モスバーガー公式HPを見ると、朝モスは午前5時から午前10:30の取り扱いとなっていますが、開店時間が朝7時という店舗も多いので、自分が買い求める店の開店時間を調べてから来店するほうがいいですね。

また、HPではネット注文もできますので、前もって注文し、来店して品物を受け取り料金だけ払えばその場で悩むことなく、時間も短縮になり便利かと思われます。

また、取り扱いメニューの確認もできるのでより便利かもしれません。朝モスの時間でも通常のレギュラーメニューを提供している店舗があるので、確認の意味を含めてもネット注文はオススメですね。

まとめ

ファーストフード店でも人気があるモスバーガーの朝の通常メニューは、朝モス取扱店で買い求めることができます。

開店時間は店舗によって違うので、確認してから来店するといいでしょう。また、HPでネット注文取り扱いををしているので、前もって注文しておけば忙しい朝でも来店して料金を払うだけなので時間短縮にもなりますね。

また店舗によって取り扱いのないメニューもあるので、ネット注文しなくても一応HPでメニュー確認することをお勧めします。

朝食は1日の始まりに大事な食事なのでしっかり摂るという点でも野菜も多く取れるモスバーガーは栄養的にもおすすめです。


スポンサーリンク