「久兵衛」といったら、高級な寿司屋というイメージがあり、「銀座久兵衛」の名で有名な銀座本店のお寿司を1度は食べてみたいと思うのですが、おすすめのランチメニューや、値段が気になりますね。

ミシュランガイドで星を獲得した寿司屋としても有名ですし、お客が絶えない店としてテレビなどでもよく見られます。

高級店の寿司屋ということで予約ができるのか、予約なしでは行けないのか、今回は銀座で有名なお寿司の店「久兵衛」について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

久兵衛銀座本店 お寿司のおすすめのランチメニューや値段は?

「銀座久兵衛」は、テレビなどのメディアでもよく取り上げられたり、有名人がよく利用する高級な寿司屋ですが、銀座本店はカウンターとテーブル合わせて123席に新館もあり、団体客も利用できる広さがあり、人気店ということがよくわかります。

高級店ということもあり肩に力が入ってしまいますが、ランチなら少しは値段も安いので入りやすいのではないでしょうか。ランチメニューは、生ちらしの「志野」・「織部」があります。現在創業記念感謝としてランチメニューは通常よりも2000円安くなっています。

「志野」は4000円、「織部」は5500円となっています。にぎりの「志野」は4000円、「織部」は5500円、「おまかせ」は8000円、「久兵衛」は13000円です。

他に鮨懐石の「信楽」13000円、「伊賀」18000円、「備前」23000円があります。2000円安くなっているのはお得ですね。

やはり、おすすめメニューはにぎりではないでしょうか。

2000円安くなっている時期なので「織部」5500円くらいがランチとしてはちょうどいいかもしれないですね。

また、せっかく久兵衛に来たのだからと、8000円のおまかせコースも楽しめるのではないでしょうか。

久兵衛というと予算的に8000円から10000円くらいが平均のようです。

やはり高級で有名な寿司屋なのでランチでも結構値が張りますがそれだけ満足する味のようです。

1度は食べるべきと言われる銀座久兵衛の寿司を、おまかせでカウンターで食べるのも乙な感じがしていいですね。

予約はできるのか?予約なしでも大丈夫?

「銀座久兵衛」銀座本店は団体客も多く、ランチ時には日帰りバスツアーなどの日程に組まれるほどの有名店ですが、団体客だけでなくランチはディナーに比べて値段も安く食べられるとあっていつも満席で、30分くらいは待つようです。


スポンサーリンク

高級店というと予約でなければ入れないという店と、予約不可の店に分かれますが、「久兵衛」の場合は開店時間の11:30の予約は受け付けていますが、それ以降の来店については到着順に案内されるとのことです。

予約なしで来店した場合、満席だったら店の前で待つのではなく名前を告げ決まった時間に来てくださいとのことです。行列はあまり似合いませんから仕方がないですね。

カウンター席だと一人でも周りを気にせず食べられますし、職人さんと会話しながらだと初めてでも楽しめるとのことです。

職人さんも初めての客には食べ方やネタについて色々教えてくれるでしょうし、一人でも恥ずかしくなく楽しめると思います。

高級店ということだけが頭にあるとなかなか緊張してカウンターに座っても落ち着かないことがありますが、久兵衛では職人さんとの会話で和みながら食事ができるのでより美味しく食べられるようです。

久兵衛では個室があり、個室の予約はランチの場合8000円から受け付けてくれるとのことです。

別途、室料とサービス料10%がかかり、室料は部屋によって異なるということです。ランチの当日キャンセルの場合、1人につき2500円(税別)がかかります。よほどのことがない限りキャンセルはないと思いますが、店の方にも迷惑がかかってしまうので気をつけてください。

営業時間はランチが11:30から14:00。ディナーが17:00から22:00。日曜・祝日、お盆・年末年始が定休日となっています。

まとめ

高級寿司店で有名な「銀座久兵衛」の銀座本店は、東京メトロ銀座線「新橋駅」3番出口、JR「新橋駅」銀座口より徒歩5分のところにあり、ランチ時には団体客はじめ観光客などで開店後すぐに満席になってしまいます。

ランチメニューは生ちらし、にぎり、鮨懐石がありますが、現在創業記念館者としてランチの値段が2000円安くなっています。

予約は開店時間の11:30のみ受け付けていますが、その後の来店は満席が多く30分くらい待つようです。

ミシュランガイドで星を獲得した高級寿司店ですが、予約してカウンター席に座り職人の握る寿司を食べるランチもたまのご褒美にはいいのではないでしょうか。


スポンサーリンク