銀座にあるセントルザベーカリーは2017年も行列もできている有名店です。こちらでは食パンにこだわっているので、とても美味しい食パンが味わえます。

食パンが好きならリピートしてしまうこともあるでしょう。セントルザベーカリーの焼き時間や予約の方法、待ち時間やメニューについても紹介します。


スポンサーリンク

セントルザベーカリーの焼き上がり時間は?

セントルザベーカリー焼き上がり時間

セントルザベーカリーはオープンの10時から販売しています。

食パンの種類は北米産小麦使用のイギリスパン、角食パン、プルマンの3種類あります。イギリスパンのみ1日1回の販売となっています。

朝10時から販売されますが、なくなり次第終了となります。

イギリスパンを買いたい方は、焼き上がり時間の朝10時行くことをおすすめします。

だいたい焼き上がる時間は1時間に1回なので、食パンならなんでもいいって方はお昼過ぎにいってもいいかもしれません。

土曜日、日曜日、祝日は混雑が予想されるので、早い時間帯に買いに行ったほうがいいと思います。

値段はイギリスパンが756円(税込み)、角食パンが864円(税込)、プルマン864円(税込)となります。

セントルザベーカリーの予約方法とは?

セントルザベーカリー予約方法

セントルザベーカリーの予約方法はカフェのみ電話で予約することができます。電話番号は03-3567-3106になります。

平日のランチやディナーも満席が予想されます。土曜日、日曜日、祝日などの休日はさらに混雑が予想されますので、2週間前には予約することをおすすめします。

前日や当日でも予約できることもあるかもしれませんので、電話して確認してみるものいいでしょう。食パンは予約できません。

サンドイッチだけテイクアウトする場合は、セントルザベーカリーに行く30分前に予約をしておくと作って置いてくれます。予約なしだと結構待たされることもあると思います。

セントルザベーカリーの待ち時間は?

セントルザベーカリー待ち時間


スポンサーリンク

セントルザベーカリーの待ち時間は2017年も平日、休日ともに行列ができています。

開店の1時間以上前から行列ができていますので、3種類の食パンを全て買う場合は開店前から並ぶようにしましょう。

平日の方が待ち時間は少なくなるので、平日に行ける方は平日に行ったほうがいいですね。

タイミングによっては待ち時間も30分以内で購入できることもありますので、14時、15時くらいが一番空いているかもしれません。

セントルザベーカリーのメニューは?

セントルザベーカリーメニュー

セントルザベーカリーのメニューを紹介します。ビフカツサンドイッチの値段は6000円もするので、とっても美味しいのでしょう。

セントルトーストセット

セントルトーストセットは10時からのメニューとなります。

ジャムセット 食パン2種(1200円)、食パン3種(1400円)
バター食べ比べセット 食パン2種(1000円)、食パン3種(1100円)
ジャム+バターセット 食パン2種(1500円)、食パン3種(1700円)

チーズトースト 1200円

その他のトースト

その他のトーストは11時からのメニューとなります。

フレンチトースト(1500円)
クロックムッシュ(1400円)
クロックマダム(1500円)
シュガーバター(600円)

スープ

本日のスープ(800円) スモールサイズ(400円)

サラダ

本日のサラダ(1200円)
クリーンサラダ(600円)

サンドイッチ

サンドイッチも11時からのメニューとなります。

たまごサンドイッチ(900円)
オムレツサンドイッチ(800円)
ポテトサラダサンドイッチ(1000円)
ツナサンドイッチ(1000円)
ハムサンドイッチ(1400円)
ベジポテトサンドイッチ(1500円)
ハムエッグサンドイッチ(2100円)
フルーツサンドイッチ(1800円)
ハムステーキサンドイッチ(1600円)
とんかつサンドイッチ(1800円)
ビフカツサンドイッチ(6000円)
エビフライサンドイッチ(2000円)
BLTサンドイッチ(1200円)
ルーベンサンドイッチ(1600円)
クラブサンドイッチ(2400円)

まとめ

行列必至のセントルザベーカリーの焼き上がり時間は大体1時間に1回になります。3種類全ての食パンを買いたい場合には開店前に並ぶようにしましょう。

カフェの予約方法ですが、電話での受け付けとなっていますので、2週間前には予約しておいた方がいいと思います。食パンの予約はできませんのでお気をつけ下さい。


スポンサーリンク