テックビューロのzaif(ザイフ)の2018年9月20日にハッキング被害で仮想通貨の一部が流出したことがわかりました。

ハッキングの理由や原因、記者会見はいつになるのか紹介します。

コインチェックから7ヶ月が経ちますが、また、ハッキング被害が起きてしまったので、仮想通貨が下落しないでほしいと思います。


zaif(ザイフ)のハッキング被害の理由や原因は?

zaif(ザイフ)は、ハッキング被害を受けましたが、被害総額は約67億円となっています。zaifのハッキング被害の理由や原因は何だったのでしょうか?

2018年の1月のコインチェックでも、ハッキング被害がありましたが、その時の金額は580億円でした。

コインチェックと比較すると金額は少ないように思えてしまいますが、zaif(ザイフ)でも約67億なのでかなりの金額になります。zaif(ザイフ)は、金融庁に報告しているようです。

ハッキング被害を受けたのは、ホットウォレットなので入金や出金に使われていたサーバーになります。

被害にあったのは9月14日の17時〜19時頃で、仮想通貨のビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインが盗まれてしまったようです。

盗まれた仮想通貨については調査中となっているので、ハッキングされた理由や原因は発表されていません。

2018年9月20日5時半現在でも仮想通貨は取引できています。コインチェックのように一旦ストップされるのでしょうか。


スポンサーリンク

zaif(ザイフ)のハッキング被害の記者会見はいつ?

zaif(ザイフ)のハッキング被害の記者会見はいつになるか発表されていません。

コインチェックがハッキング被害にあった時には記者会見を行ったので、9月20日かハッキング被害の理由や原因がわかったら記者会見を行いそうですね。

被害総額が非常に大きいので、zaif(ザイフ)は大丈夫なのでしょうか?

まとめ

zaif(ザイフ)のハッキングの理由や原因は今のところ発表されていません。

記者会見はいつになるかわかりませんが、本日行うか原因や理由がわかってからやるのか注目が集まります。


スポンサーリンク