• 仮想通貨初心者
    仮想通貨のやり方!初心者が知っておきたいおすすめの基礎知識

仮想通貨の国内取引所は大きいところから小さいところまでまで数多くありますが、より信用と気軽さ、手軽さを求めると大手の取引所を選ぶのではないでしょうか。

金融庁は不正アクセス事件により以前よりさらにセキュリティ面においても厳しくなりました。

利用者にとって安心できる取引所として「Zaif」は手数料が安くおすすめの取引所と言われています。

「Zaif」の取り扱い通貨の種類や、おすすめする利点について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

zaifの取り扱い通貨!

最近毎日のように仮想通貨のニュースがテレビやネットで流れていますね。

それと同時に仮想通貨の仕組みについても詳しく説明しているので、今まで仮想通貨を誤解していた人も少しは興味を持って前向きに仮想通貨の購入などを考え始めているのではないでしょうか。

仮想通貨国内取引所のCMなども流れ、最近はしょっちゅう耳にするようになっている気がします。「Zaif」はテレビCMはしていません。

しかしネットではZaifをすすめる記事を多くみます。それだけ浸透している取引所ということがわかりますね。

「Zaif」が2018年現在取り扱っている通貨の種類は・BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・NEM(ネム)・MONA(モナコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)。

他に・ZAIFトークン(ザイフ)・XCP(カウンターパーティー)・BITCRISTALS(ビットクリスタルズ)・SJCX(ストレージコイン X)・FSCC(フィスココイン)・PEPECASH(ぺぺキャッシュ)・CACC(カイカコイン)・NCXC(ネクスコイン)・JPYZ(ゼン)・CMC:ETH(コムサ〈ERC20トークン〉)・CMC:XEM(コムサ〈Mosaic〉)などのトークンの取り扱いがあります。


スポンサーリンク

コインチェックやビットフライヤーなど他の取引所にはない銘柄なので「Zaif」の特徴でもあり、強みと言えるのではないでしょうか。

通貨ごとに特徴や人気の違いがあるので、仮想通貨を始め通貨を売買する場合にはよく考えながら選ぶといいでしょう。

手数料が安いのでおすすめ!

Zaifをおすすめする理由は他にも手数料の安さでしょう。

ビットコインとモナコインの取引手数料がマイナス0.01%というのは、取引すればするほど手元にお金が戻ってくるという仕組みです。

ただ、それほどマメに売買するということも今現在の仮想通貨市場ではないと思われますが、やはりマイナスの手数料は他に比べてお得感があり魅力的でしょう。

なぜマイナスの手数料などのサービスがあるのかというと、テックビューロ社では利益よりもインフラ整備に尽力するというビジネスプランを前提とした経営方針があるからです。

また、コインチェック取引所でのNEMの不正アクセスによる580億円相当の仮想通貨の流出事件などがあると、取引所に対する不信感などを持ってしまいますが、「Zaif」ではテックビューロ「Zaif」セキュリティ対策室を設置するなどセキュリティ面の強化に力を入れています。

仮想通貨を売買する場合、取引所にアカウントを作り日本円を入金しなければなりません。

「Zaif」に送金する場合、銀行振込とコンビニ入金、Pay-easy、クレジットカードによる入金方法があります。

しかし銀行振込は土日の利用はできませんし、平日も午後3時までの入金になります。コンビニ入金やPay-easy入金はATMまで行かなくてはなりません。

便利なのはいつでもどこでもできるクレジットカードでの入金ですが、便利な分手数料が高いというデメリットもあります。

時間に余裕があるならば銀行振込は手数料の安い「Zaif」の利点を活かすことができますが、チャート表を見て急いで購入したいといった場合にはクレジットカードも便利かもしれません。それぞれの場面で選択するのは自分次第ですね。

まとめ

仮想通貨の取引所を選ぶ場合に、セキュリティ面を1番に考えるでしょう。

不正アクセスによる580億円相当の仮想通貨の流出は大きな事件としてニュースになり、取引所の信用を失う形になってしまいました。

しかし、事件によって金融庁も慎重になりセキュリティ面の強化を徹底させることで今までより安心して仮想通貨を始められるかもしれません。

中でも「Zaif」は、仮想通貨とトークンの種類が多く、手数料も安いのでオススメの取引所と言えるでしょう。

大きく増やすために1つの通貨をたくさん購入するのもいいでしょうが、大損を避けるならばいくつかの通貨を少額で購入するのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク