横山めぐみさんといえば、フジテレビの名作ドラマ「北の国から」シリーズの大里れい役でデビュー以来、テレビドラマを中心に30年以上も女優として活躍し続けているベテランと言える存在ですね。

2002年には昼ドラ「真珠夫人」の主人公・荘田瑠璃子役で、ブームを巻き起こすなど 、主役として作品を切り盛りする華も持っていると言えます。

そんな横山めぐみさんですが、ネットでは色々な噂が流れています。この記事は、

・横山めぐみさんの若い頃はかわいいのか?
・横山めぐみさんの夫は二之部守さんなのか?

に関する検証記事となります。


スポンサーリンク

横山めぐみさんの若い頃はかわいいのか?

横山はめぐみの芸能人生に関しては、デビューは1987年の「北の国から」シリーズですが、高校卒業は青山学院大学へ進学していたため、学業を優先したのか、ドラマで本格的に仕事が増え始めるのは、大学3年時となる1990年くらいからとなります。

1980年代後半といえば、受験戦争真っ盛りの時代ですから、せっかく進学した名門青山学院大学での学生生活を無駄にしたくなったかのかもしれませんね。

1990年代といえば、トレンディドラマ絶頂期ですから、男女の恋愛を中心にしたドラマが多数制作された時期だと言えます。横山めぐみさんも、1990年代に20代を過ごした売れっ子女優ですから、当然そのようなドラマにも多数出演しています。

一方で、倉本聰脚本のドラマ「川は泣いている」や尾崎紅葉原作のドラマ「金色夜叉」など、文学的な作品にも若い時分から出演しており、そういった活動範囲の広さが、息の長い女優になった秘訣なのかもしれません。

現在ですと、ドラマにほとんど出演せずに映画だけに出ている女優などもいますが、当時は邦画の存在感がなく、ドラマ中心の時代でしたから、流行りモノのドラマ以外の役者活動がし難い中で、葛藤などもあったかもしれませんね。

そんな横山めぐみさんですが、若い頃はかわいかったという噂がネット上に流れています。47歳の現在でも大変に美しい方ですし、若い時分から活躍する女優や男優は、容姿が良いことが鉄則みたいなところがありますから、横山めぐみさんが、生まれた時から容姿に恵まれていたことは想像に難しくありません。

実際に、「北の国から」シリーズの映像などを確認すると、当時から容姿の整っていることが確認出来ます。ただし、昔は大人びていることがもてはやされていた時期もあったことや時代時代のメイクの傾向の違いなどもありますから、当時現役の女子高校生だった割には、大人びすぎているようにも見えます。


スポンサーリンク

そのため、若い頃の横山めぐみさんに関しては、かわいいというより美人と形容した方が正しいように思います。

横山めぐみさんの夫は二之部守さんなのか?

横山めぐみさんのネットの噂に関しては、現在の夫の噂もあります。横山めぐみさんの現在の夫が、二之部守さんであるという噂です。これは、噂というより本人が公表している事実の類となりますね。

横山めぐみさんの夫である二之部守さんですが、一般的には聞き慣れない名前だと思います。当然、横山めぐみさんと同じ芸能界の人間ではないですし、文化人やクリエイター界隈の人間というわけでもありません。

昔活躍したプロ野球選手や五輪アスリートというわけでもなく、実業界で活躍されているビッグネームです。

俗に言う外資系企業を渡り歩いたビジネスマンであり、アメックス・カードなど知られている、アメリカン・エキスプレスの日本支社の役員となっています。

現在は、日系企業などでも、大企業なれば役員の年収は億を超えることも珍しくありませんが、外資系大企業の役員である二之部守さんは、売れっ子芸能人を超える年収を得ている可能性も高いと言えますね。

当然、そのようなキャリアを歩んでいる以上は学歴も半端じゃない凄さがあり、二之部守さんは、東大卒の日本のトップエリートの1人です。

そのような人物が、華やかな世界にいる女優と話が合うのかと心配にもなりますが、横山めぐみさんも受験戦争時代の青山学院大学文学部を卒業しているため、エリート・ビジネスマンとの会話が成立するくらいの教養を持ち合わせているのでしょうね。

2006年に結婚をして、もう10年以上夫婦を続けている以上は、ウマが合う夫婦関係が築けていると言えます。ちなみに、結婚当時には既に横山めぐみさんは37歳になろうかという時期だったため、2人の間に子供はいないようです。

まとめ

長い間一線で活躍している横山めぐみさんですが、ネットの噂は案外と普通の噂が多い意外性があります。バラエティ番組などに積極的に出演するタイプではなく、あくまで女優業を中心に活躍するタイプだったことで、芸能人のネガティブな噂が好きな層の目から逃れられているのかもしれません。

ネットの誹謗中傷に悩まされている若い芸能人からすると、理想的なポジションにいる女優と言えるでしょうね。


スポンサーリンク