• 仮想通貨初心者
    仮想通貨のやり方!初心者が知っておきたいおすすめの基礎知識

奇しくも2018年1月に大ニュースになった仮想通貨不正アクセス事件によって、仮想通貨の仕組みなどがニュースや情報番組で説明され、興味を持つ人も増えたのではないでしょうか。

世界中でアルトコインが次々に生まれ最近は細かいものを数えると6000種類以上あると言われています。

今回は「 XCPトークン」について購入方法や将来性はあるのか、また、仮想通貨をやっている人が気になっているハードフォークはいつになるのかなど調べてみました。


スポンサーリンク

仮想通貨xcpの購入方法!

2018年を迎えた途端に仮想通貨の大きなニュースが飛び込んできました。コインチェックの不正アクセス事件です。

このニュースによって仮想通貨にマイナスイメージがついたことは否めないでしょう。

しかし、逆に仮想通貨について情報番組などでも仕組みなどが説明され、今ままであまり知られなかった広い年代に伝わったのではないでしょうか。

最近は落ち着きを見せ、仮想通貨に興味を持つ人も増えてきたように感じます。

仮想通貨の生まれ方も多様化し、世界中にある仮想通貨の種類も細かいものまで数えると6000から7000種類はあるとのことです。それだけこれからの社会に仮想通貨が浸透していくと言えるのかもしれません。

カウンターパーティーによって発行されている仮想通貨 XCPトークンも注目されています。

XCPの購入方法ですが、現在日本の取引所ではZaifのみで購入することができます。Zaifにユーザー登録をし、アカウントを作り日本円を銀行振込やコンビニ入金、Pay-easy、クレジット決済で入金すれば購入できるようになります。


スポンサーリンク

将来性や価格予想!何倍になるのか?

XCPの将来性について色々調べてみると、XCPの発行量は約260XCP枚と他のトークンと比べると少ないということで、価値が上がると言われています。

しかし、すぐに上がるわけでなく、長期にみていったほうがいいとのことです。

独自トークンを作ることができるということで、トークン自体が世間一般に広まっていけば需要も伸びていくでしょう。

現在の日本の取引所はZaifのみとなっていますが、今後は他の取引所にも上場される可能性もあるかと思います。

上場されればもちろん今よりも価格が上がると予想されます。

将来性があるとは言われていますが、価格予想となると何倍になるかははっきりとは言えないでしょう。

毎日のチャートを見てみるとわかりますが、分刻みでレートが変動しています。

ネットで色々な情報が流れる度に上がったり下がったりが激しいので、予想するのは容易ではないですね。

しかし、少額でも買っておけば将来価格が暴騰した場合など後悔もしないと思うので、大きく買うのではなく小さく買っておくのもいいのではないでしょうか。

ハードフォークはいつ頃か?

仮想通貨を始める前に色々調べているとたくさんの専門用語が出てきます。

専門用語の中に出てくるハードフォークですが、ブロックチェーンの分岐と言えばわかるでしょうか。

ハードフォークすると旧バージョンのブロックチェーンを利用した仮想通貨とは別に新バージョンの仮想通貨ができます。

旧バージョンから新バージョンに移行すると互換性がなくなるので、以前の残高を共有することができません。

分岐後にどちらのブロックチェーンを使うかの選択もしなくてはなりませんが、バージョンアップすることでより向上したものになると言えるでしょう。

独特な仮想通貨と言われているXCPのハードフォークの予定は2月末ということで、価格の上昇はまだ続くと言われています。今注目される仮想通貨の1つだと思われます。

まとめ

仮想通貨XCPの購入方法は、日本の取引所ではZaifのみとなっています。

しかし、2月末に予定されているハードフォークが行われることで価格の高騰が続いています。

注目度で言ったら将来性がある仮想通貨とも言われています。

今後の価格予想についてははっきりとは言えませんが、仮想通貨が注目され特徴のあるアルトコインはこれからまだまだ価格上昇すると言われているので、様子を見たいのなら少額から購入するのもいいのではないでしょうか。


スポンサーリンク