最近話題の仮想通貨。株に投資している方も仮想通貨にも投資をし始めていることでしょう。

仮想通貨と株の仕組みは似ています。安く買って高く売るという方法になりますので、誰でも簡単にできると思います。

今回は仮想通貨と株の違いやどっちに投資したら方がいいのか紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

仮想通貨と株の違い

仮想通貨
仮想通貨の代表的なものとしてビットコインがあげられます。

ビットコインは日本だけではなく海外にも使えるので、世界中で利用することが可能となります。

最近ではビッグカメラやお寿司屋さんの銀座沼津港などが導入しています。

株と仮想通貨の違いについて説明していきます。

株は1株、10株、1000株という単位で売買しているのに対して、仮想通貨のビットコインは1BTCという単位で売買されています。

ビットコインは数百円からでも購入することができます。私も最初は、10,000円で仮想通貨を購入しました。

株の場合には投資する会社が1株1000円で100株単位で購入しないと行けない場合には、100,000円必要になります。

株は1株購入できて安く販売している会社もありますが、仮想通貨の方が買いやすいと思います。

仮想通貨も株も「買った値段より高く値段で売れば儲かる」という店では同じになります。

しかし、仮想通貨は2016年から2017年にかけて数倍から数十倍に伸びているものもあります。株の場合にはこんなに伸びることはありません。

株式投資のルールで1日の値動きの許容できる範囲が決まっています。

仮想通貨の場合には値動きを制限するルールはありませんので、急に上昇したり、急に下落したりすることもあります。

株式の場合には銘柄が数千あるので、どこに投資すればよいか迷ってしまうと思います。


スポンサーリンク

ビットコインは、あやしいものもありますが、大手取引所が取り扱っている種類だけだと数百程度になります。

しかも、日本で一番取り扱っているコインチェックでも13種類なので、どこに投資すればいいのかそこまでは迷うことはないと思います。

仮想通貨と株は税金など違いもあるかと思います。

仮想通貨と株はどっちに投資したら儲かるのか?

仮想通貨
仮想通貨と株式のどっちに投資したら儲かるのか確認してみましょう。

仮想通貨はハイリスクハイリターンとなっています。株の場合には前に述べたように値動きに制限があるので、そこまではリスクを追うことはないです。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨は非常に伸びているので、儲かる度合いが高い可能性があります。

私も2017年10月後半から仮想通貨をはじめてみましたが、すでに資産が増えています。

今買わなかったら後悔すると思うので、数十万円くらいは投資しようと思っています。

あの時仮想通貨を買っておけばよかったと後悔したくないですからね。仮想通貨を買って億万長者になっている人も結構いるでしょう。

来年や再来年はどうなっているかわかりませんが、今なら仮想通貨に投資した方が私は良いのではないかと思います。

しかし、仮想通貨と株式どっちが儲かるのかというとどちらでも儲けることはできるでしょう。

今からでも間に合うので買ってみたいと思っているなら少額でもいいので、買ってみるといいと思います。

まとめ

仮想通貨と株の違いやどっちに投資した方がいいのか紹介させて頂きました。

仮想通貨の規模は20兆円と言われているので、これから急速に伸びる市場になると思うのでご自身で考えて投資するか決めてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク