2018年に入り仮想通貨の価格変動も日に日に大きく変わり、テレビやネットでもニュースを見る機会が多くなったように感じます。

それだけ仮想通貨が世間に浸透してきたということかもしれませんね。そして、海外での動きも気になります仮想通貨の数もマイナーなものを含めると1500種類もあります。

TRXも海外の仮想通貨ですが、日本の金融庁に申請書を提出したとあります。

日本の取引所での上場が決まると今後価格が上昇すると予想されます。今回はTRXについて調べてみました。


trx 取引所の上場予定は日本のどこなのか?

仮想通貨TRXは、CEOのJustin Sun氏が自身のツイッターにて、仮想通貨TRXを日本の金融庁に申請書を提出したと呟き、ネットニュースにもなりました。

承認された場合、日本の取引所での上場が決まると大きな価格変動は予想されるでしょう。

まだ予定は未定のようですね。仮想通貨のニュースでは、韓国政府が取引を禁止する法案を準備しているとか、反対に取引所の新設が進行中などが連日聞かれます。

韓国でのニュースも気になりますが、中国でも仮想通貨規制強化との記事がネットで多くみられます。相次いでいる海外の取引禁止が価格変動に影響しているのでしょうか。

しかし、中国はもともと仮想通貨について前向きな姿勢がみられ、仮想通貨市場も盛り上がっていたので、規制は一時的なもので、新しい法案が作られるかもしれないですね。

色々なニュースが交錯している中で、アリババが仮想通貨のマイニングのプラットフォームを立ち上げたとの情報がありました。アリババ側はこの報道を否定しています。

しかし、仮想通貨TRXがアリババとの提携という憶測が飛び交っており、この先が注目されつつあります。話題は逸れましたがTRXが日本の取引所に上場した場合、取引所はどこになるのか気になりますね。

上場予定の取引所については未定のようですが、2017年末の記事ではザイフが有力とも言われています。

ザイフは手数料が安いことがメリットでもあり、もし上場したら高騰も見込まれるのではないでしょうか。

手数料が最安値のZaifがおすすめ

今後の価格を予想!

仮想通貨TRXの今後の価格を予想するのは難しいでしょう。

現在仮想通貨市場全体の価格変動が大きく、高騰を見せたと思ったら大暴落というニュースも聞かれ、海外では仮想通貨禁止などの動きがあり仮想通貨の価格を予想するのが非常に難しい現在です。

予想では100円以上になるのではと言われています。

ネットで「億り人」という言葉が目に入ってきましたが、2017年に投資によって1億円の利益を得た人のことのようです。

仮想通貨が2017年は稀に見る価格高騰が多かったので、何が起こるかわからない世界といっても過言ではないでしょう。

2018年もまだ1月なので、現在大暴落していても持ち直してまた高騰が見られるかもしれません。

仮想通貨TRXがもし日本の取引所に上場した場合大高騰が見られるのではないか、以前の傾向からも予想されます。

億り人と言われるような大儲けはそうそうあるかはわかりませんが、実際買わないと所詮価格が上がってからでは遅いので、損をしないためにも大きく買うのではなく少額買っておき、様子を見ながら楽しむというのもいいかもしれません。

トロンの買い方

仮想通貨TRXの買い方として現在の取引所から選ぶとすれば、中国の仮想通貨取引所のバイナンスがおすすめです。

バイナンスは取り扱っている通貨の数も100種類近くあり、売買できる大手の取引所です。何より安心なのが日本語対応という点でしょう。

中国語や英語がわからないと取引できないとなると困りますが、日本語対応のバイナンスは使いやすいと思います。

2017年に出来たばかりですが、12月には取引高世界第1位になり世界最大の取引所となりました。

大手でもあり日本語対応のバイナンスのユーザー登録は日本の取引所と同じく初めにメールアドレスとパスワードを入力するだけなので、簡単にアカウントを作成することができます。

海外の取引所なので不安になるかもしれませんが、日本語対応のバイナンスは、仮想通貨TRXの買い方としておすすめできる取引所と言えるでしょう。

まとめ

仮想通貨市場も現在は価格変動が大きく、海外でも色々な動きが見られニュースでも取り上げられています。

仮想通貨TRXの日本の取引所への上場予定があるかもしれないです。

まだいつとは言えないようですが、もし上場が決まったら今後価格の高騰も見られるかもしれません。

しかしあくまでも予想は難しく高騰も確実に言えることではありませんが、仮想通貨の流れを見てみると、いつ暴騰・暴落するのかわかりません。

本気で投資するというよりも、仮想通貨を楽しむという感じで仮想通貨TRXも少額買い、日本での取引上場での高騰があるか静観するのもこれからを見据える上でいいかもしれないですね。

スポンサードリンク