仮想通貨の種類は世界中で1500以上あるといわれています。全てを把握するには難しいですね。ビットコインなどはよく聞くのでわかる方も多いと思います。

「TRIG」はあまり耳にしたことがない仮想通貨だと思います。しかし、最近海外だけでなく日本でも注目を浴びるようになってきました。

「TRIG」の買い方や、取り扱いのある取引所、また、「上場廃止」や「新規上場」など株に絡んだ言葉や、「トークン」や、マスターノード」など初心者には少し難しい専門用語なども出てきますが、なるべくわかりやすく説明したいと思います。


スポンサーリンク

trig 仮想通貨の取引所の買い方は?

仮想通貨の種類は世界中で1500以上あると言われていますが、ビットコイン初めアルトコインと呼ばれるリップルやイーサリアム、ネムなどはよく耳にすると思います。

しかし最近「TRIG」が注目を浴びています。TriggersToken -トリガートークンと言う通貨名なのですが、スマートガンの安全性を高めるための利用が期待されている仮想通貨なのです。

スマートガンといっても日本人にはあまり馴染みないものですよね。

しかし、「TRIG」も現在は防衛ネットワークの構築に注力しているとのことですが、将来的には安全で広く普及しているネットワークを構築することにより防衛以外のプロジェクトにも同時に着手する予定ということで、中国の取引所であるバイナンスに上場しています。

しかし残念ながら、バイナンスは現在ユーザー急増により新規登録停止中となっています。

「TRIG」は現在日本の取引所での購入が不可能となっています。コインチェックzaifなどの日本の取引所に登録し、仮想通貨の売買ができるようになったところでビットコインやイーサリアムを購入します。

その後海外取引所であるバイナンスに登録し、ビットコインやイーサリアムを送金します。そして「TRIG」を購入することができます。

海外の取引所なので不安に思う人もいるかもしれませんが、仮想通貨は全世界で通用する通貨なので、その点は心配ないでしょう。

買い方も慣れないと初めは戸惑うかもしれませんが、国内取引所の登録が完了していれば30分から1時間程度の作業で購入できるので、「TRIG」の買い方も海外の取引所を利用しますが、それほど不安に思わなくてもスムーズに購入できると思います。

マスターノードって何?

「TRIG」について調べていくと、「マスターノード」というワードが頻繁に出てきます。


スポンサーリンク

スマートガンもそうですが、「マスターノード」もあまりピンとこないという人が多いのではないでしょうか。

「マスターノード」とは1500TRIG所有していれば月に25%の報酬が貰えるというものです。

しかし、「マスターノード」を作るには、サーバー管理などの専門知識も必要となってくるので、ネット上では簡単にできるという記事が多く見られますが、初心者は技術者や専門的に強い人が教えてくれないとなかなか使いこなせないような気がします。

もし、近くに仮想通貨に強い人がいなければ、ネットの記事だけを頼るだけでなくSNSなどを利用したり実体験の話を参考にすることも大事かもしれないですね。

上場廃止の理由は?新規上場はどこなのか?

「TRIG」が「BITTREX」で上場廃止という記事がネット上で飛び交っています。これによって大暴落も起こりました。

しかし理由は明かされていません。注目されるのは今後の動向でしょう。

「TRIG」は日本国内での購入ができません。「BITTREX」は、海外でも大手で有名な取引所です。

圧倒的に取り扱い通貨の量が多く、日本では買えない種類の通貨や新しく公開された通貨がいち早く購入することが出来ます。

また、カスタマーサポートやセキュリティ面でもしっかりしています。

しかし、日本語に対応していないことや日本円で入金できないなどのデメリットもあります。現在はユーザー急増にて新規登録停止中となっています。

また、ネット上で話題になっているのがBurn情報です。2017年9月14日に70%Burnするという情報が流れ、一時的に暴落しました。

しかし、Burnすることによって1枚当たりの価値が上がるなどの話も聞きますし、Burnしたからといって暴落するのも一時的のようですし、その後価値が上がる場合もあるので、静観することも大事かもしれませんね。

上場廃止やBurnしたなどネガティブな話題が多いのですが、「TRIG」はNASAや米国国防総省などが注目しているという話も聞きますので大暴落もそれほど大きなダメージでもなさそうです。

「TRIG」が中国大手の取引所である「バイナンス」に上場したことも大きく話題になっています。

さらに2018年1月9日に取引高上位5位のうちの2つ新規上場する予定となっているので、trigにはさらに期待が高まります。

まとめ

仮想通貨「TRIG」について調べてみましたが、トリガートークン通貨の取引所は日本にはなく、アメリカの「BITTREX」や中国の「バイナンス」などを利用しなければなりません。

また、マスターノードなど専門知識も必要になりますし、アメリカの「BITTREX」で上場廃止になりました。

新規上場が今のところわかりませんが、大手取引所の上場がどこになるか楽しみになります。


スポンサーリンク