2019年11月19日に鉄パイプ落下事故が起きてしまいました。

鉄パイプを落下させた事故の和歌山業者や会社はどこなのでしょうか?また、板垣智之さんの銀行や顔画像を調べてみました。

スポンサーリンク

鉄パイプ落下事故和歌山業者・会社はどこ?住所や場所は?

鉄パイプ落下事故和歌山業者・会社はどこか調べてみました。

ビルには地元商社の本社が入る。和歌山西署や同社によると、最上部から道路までは40メートル以上。最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。15日の午前中にも同様に鉄パイプが落下する事故があったという。

 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。

鉄パイプが落下した事故の場所や住所は、和歌山市十三番丁30のです。南海電車和歌山市駅近くだったみたいです。


鉄パイプを落下させた業者は、安全管理体制に問題はなかったのか調査しているようです。原因も調べているようですね。

4日前にも鉄パイプを落下させていたようなので、安全管理に問題があった可能性があります。

業者名や会社名は現在は公表はされていません。


スポンサーリンク

鉄パイプ落下事故の板垣智之さんの銀行員や顔画像

鉄パイプ落下事故で残念ながらなくなってしまった、銀行員の板垣智之さん会社と顔画像を調べてみました。

板垣智之さんは一般人なので銀行名や顔画像は公表されていません。

26歳と若いのでこれからだったので、残念な結果になってしまいましたね。

鉄パイプを落下事故を起こした会社には、板垣智之さんの家族になんて伝えるのでしょうか。


スポンサーリンク