綺麗な顔立ちをしながらも、ちょっとおかしな日本語を話すことで笑いを誘い、最近はバラエティ番組に引っ張りだこの滝沢カレンさんですが、スタイルの良さからモデルとしての仕事も人気があり、髪型など真似したいと思っている人が多いようです。

切りっぱなしボブでもカッコよく見える滝沢カレンさんの髪型のオーダーの仕方や、時々見られるパーマの巻き方などどのようにしているのかやり方など気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

滝沢カレンの髪型切りっぱなしボブのオーダー方法!真似したい!

最近バラエティ番組でよく見るようになった滝沢カレンさんですが、ウクライナ人の父親と日本人の母親のハーフとして生まれ、端正な顔立ちをしているのですが、ちょっとおかしな日本語を話すことが人々の笑いを呼び、またその言葉使いもわざとではないので尚更面白いと人気があるのでしょう。

両親の離婚や、祖母の厳しい育て方に仕事が忙しい母親、子供の頃は大変な思いをしてきたのかもしれません。しかし、子供の頃から洋服が好きでファッションやおしゃれをすることを楽しみ、人にも伝えていきたいとの思いからファッションモデルとして16歳の時にデビューします。

最近はバラエティ番組出演が多く言葉使いも笑われていますが、モデルの仕事となると表情も変わりますしスイッチの切り替えが早いのでしょう。デビュー当時は色々な髪型が見られましたが、バラエティ番組に出るようになってからはボブカットのイメージが強いですね。

最近は切りっぱなしボブにしていて、似合うと評判になっています。そして真似をする人も続出しているそうです。切りっぱなしボブはブラントカットといい、2017年夏に流行している髪型です。水原希子さんやローラさん、海外の女優もブラントカットにしている画像をSNSにあげるなど、かなり人気があります。

切りっぱなしというと聞くと簡単なようですが、顔の形で似合うかどうか分かれるようですね。逆三角形やベース型の顔の人には似合うようです。しかし丸顔の人はトップにボリュームをつけたり、前下がりのボブにするなどアレンジを加えると切りっぱなしボブが似合うそうです。

思い切って前髪をセンターパートにしてみると小顔効果にもなりいいかもしれません。また、髪の色をちょっと変えるだけでも印象が違って見えるので、美容師と相談しながら自分の顔の形に合ったブラントカットをオーダーしてみるといいのではないでしょうか。

滝沢カレン髪型切りっぱなしボブ


スポンサーリンク

滝沢カレン髪型のパーマの巻き方とは?

滝沢カレンさんはハーフですが、生まれも育ちも日本ということでおかしな日本語も初めはわざとじゃないか?などと言われていましたが、育った環境が原因だということがわかり、バラエティ番組を見ていると周りの人も突っ込みながらも爆笑し、温かい雰囲気が漂っているように感じます。

また、モデルとしてもインスタなどで見られる髪型やファッションが注目されています。最近の流行りである切りっぱなしボブが評判になっていますが、時に見られるパーマや巻き髪なども可愛いと、そのやり方はどのようにしているのかネット検索している人も多いようです。

切りっぱなしボブはブラントカットとも言いますが、アレンジの仕方でイメージがガラッと変わります。滝沢カレンさんのパーマはどちらかというと大きめのカールでゆるふわ感を出しています。

巻き方も大まかで、外ハネ感をうまく出したりしていますね。他のアレンジとしては、外ハネと内ハネをたくさん作り毛先を遊ばせることでオシャレ感が漂います。滝沢カレンさんはショートボブがとても似合うので、切りっぱなしボブにしても、そのまま手を加えない髪型でも、パーマや巻き方などのアレンジもうまいですね。

髪型もファッションの一部として見せ方がうまく、モデルの仕事が大好きというのがよくわかります。

滝沢カレンパーマ

まとめ

滝沢カレンさんはタレントとしてバラエティ番組の出演が増えていますが、モデルの仕事でも忙しい日々を送っているようです。また、インスタやテレビ出演時に見る髪型が素敵と言われています。滝沢カレンさんの髪型は最近流行りの切りっぱなしボブで、真似したいと思う人も続出しているようです。

顔の形によっては難しい髪型なので、美容師に切りっぱなしボブとオーダーし、相談しながら顔や頭の形に合った長さやボリュームの出し方などでアレンジを加えるといいそうです。

滝沢カレンさんのパーマや巻き方は、大きめのカールや、外ハネ感を出すアレンジがよく見られますね。流行りの髪型ですが、アレンジの仕方で印象も違って見えるので、真似するにはインスタなどの写真が1番の参考材料だと思います。


スポンサーリンク