名門青森山田高校の司令塔で高校サッカー界屈指の逸材。名前の由来は中田英寿さんと言われています。

武田英寿選手の進路先は、浦和レッズ、ベガルタ仙台なのか、サッカーのプレースタイルについて紹介します。

スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)の進路先(就職)は浦和レッズ・ベガルタ仙台?


武田英寿選手は、青森山田高校の後は大学ではなく、サッカーのプロ内定が決まっています。

武田英寿選手が入団するJリーグのクラブは、浦和レッズになります。

宮城県出身なのでベガルタ仙台の可能性もあったと思いますが、浦和レッズを選びましたね。

浦和レッズやベガルタ仙台以外にもJリーグのクラブチームからオファーは来ていたのではないでしょうか。

浦和レッズから海外でプレーしている人も多いので、将来世界で活躍することも視野に入れているはずです。

日本代表の司令塔として活躍が期待されているため、まずは浦和レッズの司令塔で活躍してほしいですね。

浦和レッズは競争が激しいクラブですが、武田英寿選手なら活躍できると思います。


スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)のサッカーのプレースタイルは?


武田選手選手は青森山田高校の司令塔として、プレミアリーグWESTで活躍してきました。

高校サッカー選手権でも、多彩なパスでゲームメイクして試合をコントロールすることになると思います。

小学校、中学校の時から様々な大会で優勝しています。

司令塔としてゲームメイクするのは、高校サッカーとしても高いレベルにあります。


スポンサーリンク

武田英寿選手(青森山田)の名前の由来は中田英寿さん


青森山田の武田英寿選手の名前の由来は、元日本代表の中田英寿さんです。

イタリアでも活躍していた中田英寿さんのことを両親がファンだったみたいです。

なので、英寿という名前になっていますね。しかも、武田英寿なので、漢字も1文字違い。

中田英寿さんと同じで司令塔として日本代表を引っ張っていく存在になる可能性がありますね。

イタリアやイングランドなど海外でも活躍して中田英寿さんのようになってほしいですね。


スポンサーリンク

まとめ:武田英寿選手(青森山田)の進路先は浦和レッズ

青森山田高校の武田英寿選手の進路先は浦和レッズになります。争奪戦があったと思いますが、ベガルタ仙台ではなく浦和レッズになっています。

2020年の高校サッカー選手権では、小学校、中学校、家族なども応援に駆けつけるを思うので優勝目指して頑張るはずですね。

プレー集などを確認してもテクニックもあって非常に上手な選手なので、高校サッカー選手権でも間違いなく活躍することになります。


スポンサーリンク