台風21号2018年最新進路予想を紹介します。関東へのピークはいつなのか、東京や神奈川の上陸する可能性について調べてみました。

台風21号は2018年での最強クラスとういうことなので雨風が非常に強くなるおそれがあるので、最新の台風情報をチェックして下さい。


台風21号2018年最新進路予想!

2018年の台風21号の最新進路予想図を確認すると2018年9月4日(火)~2018年9月5日(水)に日本を通過する予想となります。

四国、九州、関西が直撃する可能性が非常に高くなっていますが、関東周辺は直撃する可能性は低いですが、2018年の台風の中で最強クラスなので気をつけたほうが良いです。

最強クラスの台風なのでなるべく外出は避けたほうがいいので、会社の打ち合わせがある場合には予定を変更したり、学校を休むなりして安全な場所に避難するようにしましょう。

台風21号2018年!関東のピークはいつ?東京、神奈川の上陸は?

2018年の台風21号の日本上陸は、2018年9月4日(火)~2018年9月5日(水)の予想となっています。四国や九州、関西地方には4日の午前中には台風が上陸する予想となっています。

東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東へのピークは、4日夕方と予想されます。四国などのように直撃の可能性は高くはありませんが、大雨になる可能性があるので注意して下さい。

もしかすると東京などの関東では会社から帰る際にピークとなってしまう可能性があるので、注意して帰って下さい。

まとめ

台風21号2018年関東への最新進路予想を紹介しました。東京や神奈川、千葉などの関東は2018年9月4日がピークの予想です。

2018年の台風の中では最上位の台風となっているので雨や風が強くなるおそれがあります。

外出は危険になりますので、自宅や会社で台風が過ぎるのを待つと良いと思います。


スポンサーリンク