台風21号進路情報2018年のピークはいつになるのでしょうか?四国や大阪などの関西、九州への影響について調べてみました。

日本への上陸は2018年9月4日(火)~2018年9月5日(水)になる見込みとなっています。


台風21号進路情報2018年|ピークはいつ?日本上陸は4日(火)~5日(水)

2018年の台風21号の進路情報は、四国から紀伊半島に接近して日本の上陸は2018年9月4日(火)~2018年9月5日(水)になる見込みです。

台風21号のピークはいつかというと2018年9月4日10時から2018年9月5日午前まで続く見込みです。

四国や関西のピークは2018年9月4日10時から夕方頃になってしまいそうです。朝の通勤時にも影響が出てしまいそうです。

台風21号進路情報2018年|四国・関西・九州への影響

台風21号の四国・関西・九州のピークは、2018年9月4日(火)になります。

4日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で四国150ミリ、九州南部120ミリ、九州北部100ミリ。

2018年9月4日の午前6時で四国150ミリ、九州でも100ミリ以上の予想雨量となっているので、9月4日だけだとかなり雨が降ることが予想されます。

関西などの大阪でも電車の運行中止が予定されているので大雨になってしまいそうです。

ピークの明日4日は気をつけて行動するようにしましょう。


スポンサーリンク

まとめ

台風21号進路情報2018年のピークはいつになるかというと2018年9月4日(火)になります。

四国や九州、大阪などの関西へ上陸する可能性が高いので出勤や通学する際には気をつけて下さい。


スポンサーリンク