2018年の隅田川花火大会の最寄り駅は浅草駅・とうきょうスカイツリー駅になりますが、他の最寄り駅もあります。

毎年80万人近く訪れる隅田川花火大会は大混雑が予想されます。

また、開催日程や時間、トイレなどについても紹介します。


隅田川花火大会2018年|最寄り駅はどこ?

隅田川花火大会2018年総合案内図

隅田川花火大会2018年の最寄り駅は第1会場、第2会場によって違うので間違えないようにしましょう。

メイン会場付近の浅草駅ととうきょうスカイツリー駅は混雑することになると思います。

第1会場、第2会場でも混雑しているので穴場の場所を見つけて下さい。

第1会場の最寄り駅

隅田川花火大会の第1会場の最寄り駅は、浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、押上駅、曳舟駅になります。

第1会場までは浅草駅から徒歩15分、とうきょうスカイツリー駅から徒歩12分、押上駅から徒歩16分、曳舟駅から徒歩15分なので最低でも最寄り駅から10分以上歩かないといけません。

浅草駅は5番、8番出口、押上駅はA3出口から第1会場に向かうと早く着くことができます。

第2会場の最寄り駅

隅田川花火大会の第2会場の最寄り駅は、浅草駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅になります。

第2会場までは浅草駅から徒歩1分なのですぐ近くになります。

開催日程や時間・打ち上げ場所

隅田川花火大会の開催日時は例年と同じで最終の土曜日になります。荒天の場合は2018年7月29日です。

開催日:2018年7月28日(土)
開催時間:19:05~20:30
打ち上げ数:第1会場9500発・第2会場1万500発
昨年の来場者数:約80万
打ち上げ場所:桜橋下流~言問橋上流(第一会場)、駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)

隅田川花火大会2018年の会場周辺のトイレマップ

隅田川花火大会の会場周辺のトイレは数十箇所なるので地図で確認して下さい。

まとめ

隅田川花火大会の会場の最寄り駅は、浅草駅、とうきょうスカイツリー駅、押上駅、曳舟駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅になります。

隅田川花火大会は約80万人が訪れるので混雑すると思いますが、1年に1度しかないので楽しんで下さい。

スポンサードリンク