仮想通貨も最近は世間に広まりつつあり、どのようなものなのか興味を持ち始めている人も多くなってきたように感じます。話だけでなく実際に始めたいと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、仮想通貨を始める前に何が必要なのか知っておくことは必要だと思います。世界中にはたくさんの種類の仮想通貨があります。

仮想通貨の取引所もいくつかありますが、取り扱いの種類が多い取引所を選ぶ人もいるでしょう。

今回は仮想通貨を始める前に必要なことや取引所について調べてみました。


スポンサーリンク

仮想通貨を始める前には何が必要なのか?

2017年は仮想通貨が最も注目された年だったような気がします。それに伴い新しく仮想通貨を始める人も増えたのではないでしょうか。

2018年になり、それまで躊躇していた人も思い切って仮想通貨を始めようと考えた場合、何が必要なのかわからないと始められませんね。

流行りに乗って仮想通貨とはどういうものなのか分からず始めてから、後に自分の描いていたものと違っていたなど後悔しないためにも、最低限のことは知っていた方がいいでしょう。

仮想通貨とは、インターネット上のお金です。実際にコインや紙幣はありません。円やドルなど関係ないインターネット上の通貨なので世界中で取引ができるのです。

では、実際仮想通貨を始める前に何が必要なのか説明します。

まず、取引所にアクセスし、トップページにあるユーザー登録をしてください。登録にはメールアドレスが必要になります。

ほとんどの取引所が同じ流れだと思います。するとメールが届きます。届いたメール上のURLを開いて利用規約や重要事項説明の同意チェックをし、メールアドレスとパスワードを入力し登録します。

本人確認入力画面に電話番号認証登録が必須なので、電話番号を入力するとSMSで認証コードが送られてくるのでその数字を入力します。

その後、本名・郵便番号・住所・生年月日など入力します。後にハガキが届く為のものなので、全て間違いなく正確に入力してください。

そして、本人確認書類の提出と各種重要事項の確認とあります。免許証など顔写真が写った本人確認書類を写真に撮ってアップロードします。

自分がその本人確認書類を持った写真も必要となる取引所もあります。登録の流れに沿って進んでいきましょう。

アップロードが終わったら数日後にハガキが届きます。ハガキを受け取れば本人確認も完了し、仮想通貨を購入することができます。

SMSが受け取れるガラケーなら仮想通貨はできますが、2段階認証はアプリが必要となる場合があり、取引所によってはスマホのみというところもあるので気をつけてください。

パソコンでチャートを見つつ、スマホのアプリで売買する方法をとっているという人が多いと聞きます。

取引所によって登録入力、本人確認書類のアップロード、SMSでの2段階認証の順番など、上記した順番や入力の仕方が違う場合もありますので取引所の登録方法をよく読み間違いなく入力して下さい。


スポンサーリンク

文章を読むと難しく感じるかもしれませんが、取引所のサイトを開くとユーザー登録の仕方も簡単にできるようになっているので、仮想通貨を始めたいと思ったら、取引所のサイトを開いてみて下さい。

仮想通貨の種類が多い取引所はコインチェック、ビットフライヤー、zaif?

仮想通貨を始めるときにどの取引所を選べばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

それぞれに特徴があり、サイトのトップページには取引所ごとにメリットが大きく載っています。

ネットでもおすすめ取引所トップ5などの記事が見られます。日本ではコインチェックビットフライヤーzaifがあります。

コインチェックは芸人の出川哲朗さんのCM、ビットフライヤーは女優の成海璃子さんのCMでお馴染みです。

zaifは動画サイトで芸人のかまいたちが漫才でわかりやすく紹介しています。コインチェックはビットコインだけでなく、取り扱いのあるアルトコインの種類が12種類とダントツに多いです。

ビットフライヤーは、様々な大手企業が出資しているということで資本力が大きく安心感があります。

zaifは、取引手数料がマイナスということで取引をすればするほど手数料が入ってくるので、頻繁に取引する人には向いているでしょう。

取引所によって違いがあるということはそれだけ選ぶ楽しみもあります。将来性は仮想通貨全体的にあると思われるので、どこの取引所とは言い切れません。

ネットでもそれぞれの取引所のメリット・デメリットの記事が多く見られます。それを見て自分に合った取引所を選ぶのもいいかもしれません。

これから仮想通貨を始めるという人で、初めは軽く少額から始めてみようと考えるなら3ヶ所に登録し、それぞれで特徴をうまく使い分け様子を見るのもいいかもしれません。

まとめ

仮想通貨が2017年に大きく注目され、乗り遅れたと思いこれから始めようと考えている人もいるのではないでしょうか。

始める前にまず何が必要なのか、取引所のサイトをのぞいて見るとわかりますが、メールアドレスを入力すると登録ができます。

送られてきたメールのURLを開き記入欄にそれぞれ入力し、完了するとはがきが届き取引を開始することができるようになります。悩むのは登録する取引所でしょう。取り扱い通貨の種類が多いのコインチェックです。

そう考えると初心者向けと言われますが、それぞれに特徴があるので自分にあった取引所に登録し、初めは仮想通貨を楽しむ気持ちで始めて見るのがいいと思います。


スポンサーリンク