柴崎岳選手は今季1部に昇格するスペインのヘタフェに移籍することがわかりました。

マドリード近郊のクラブなので、レアルマドリードやアトレティコマドリードの選手にも会えるかもしれませんね。

柴崎岳選手のヘタフェの年俸は驚きの2.5億円なのかでしょうか。さらに年俸推移を紹介してきます。


スポンサーリンク

柴崎岳選手 スペインのヘタフェでの年俸は驚きの2.5億円!テネリフェではいくらだったのか?

柴崎岳選手はスペインのヘタフェに移籍しました。テネリフェの時に昇格プレーオフで負けてしまったヘタフェに移籍したのには驚きました。

海外の反応では、「移籍するのはわかっていたけどヘタフェはないよ」「裏切られた」などといった声があります。

テネリフェは来シーズンも2部で試合しないと行けないので、私も柴崎岳選手は移籍するとは思っていましたが、ヘタフェに移籍するとは思ってもいませんでした。

しかも、背番号が10番だったので、ヘタフェも柴崎岳選手が活躍してくれると思って用意してくれていたのではないかと思います。

柴崎岳選手のスペインのテネリフェ時代の年俸になりますが、約5000万円となっています。

さらに今回移籍したスペインのヘタフェの年俸は驚きの2.5億円ではなくて、約1億円となっています。4年契約なので、4億円ももらえるそうです。

j1リーグの2017年登録選手数は552人で平均年俸は約2300万円となっているので、柴崎岳選手は4倍以上なので年俸が高いことがわかります。

jリーグ全体でも年俸が1億円以上もらっている選手は、レアンドロ選手、遠藤保仁選手、清武弘嗣選手、西川周作選手、鄭大世選手、今野泰幸選手、柏木陽介選手、槙野智章選手、中村憲剛選手、大久保嘉人選手、キムジンヒョン選手と11人しかいないので、どれだけすごいかわかるかと思います。

スペインにはレアルのロナウド選手やバルセロナのメッシ選手のように年俸が数十億円のサッカー選手がいるので、夢が広がりますね。

柴崎岳選手もレアルやバルセロナなどでプレーしてみたいと思って頑張っていると思うので、来シーズンからスペインの1部で活躍して数年後にはレアルやバルセロナで活躍しているところを見たいですね。


スポンサーリンク

日本人が海外の超名門クラブでプレーすることがあるなら私も海外に行ってぜひ試合を見てみたいと思っています。

柴崎岳,年俸

柴崎岳選手の年俸推移は?鹿島アントラーズ時代の年俸

柴崎岳選手の過去7年間の年俸推移になります。鹿島アントラーズ時代からの年俸推移を見ると順調に上がっていることがわかります。

柴崎岳選手は入団当時から活躍していたので年俸が上がって当然だと思います。

2011年からたったの6年で年俸が約30倍になっているので、サッカー選手も夢がある仕事だなってつくづく思います。

年度 所属 金額
2011年 鹿島アントラーズ 360万円
2012年 鹿島アントラーズ 1000万円
2013年 鹿島アントラーズ 1500万円
2014年 鹿島アントラーズ 2000万円
2015年 鹿島アントラーズ 3500万円
2016年 テネリフェ 5000万円
2017年 ヘタフェ 1億円

まとめ

スペインのヘタフェに移籍した柴崎岳選手の年俸は驚きの2.5億円ではなくて約1億円でしたが、サッカー選手の日本人の中でも上位に位置する金額をもらっていることがわかります。

柴崎岳選手の年俸推移を確認すると毎年着実に上っているので、今後の活躍次第では数億円くらいになるのではないでしょうか。


スポンサーリンク