2018年選抜高校野球の決勝戦は智弁和歌山対大阪桐蔭になりました。

大阪桐蔭は昨年に続く決勝進出で史上3校目の春連覇まで1勝になります。智弁和歌山の18年ぶりの決勝で24年ぶりの優勝を目指します。

春連覇しているのは第一神港商(兵庫)、PL学園(大阪)の2校となります。

大阪桐蔭が春連覇するのかそれとも智弁和歌山が24年ぶりに優勝するのか予想と結果速報をお伝えします。


スポンサーリンク

選抜高校野球の智弁和歌山の結果

智弁和歌山は全試合の総得点は34になります。1試合8.5点になりますので、今年も打線が強力です。

特に優勝候補だった創成館と東海大相模の試合では点差が離れていましたが終盤に打線が爆発して逆転勝利で勝っています。

智弁和歌山は打線は好調ですが、投手に不安があります。

智弁和歌山 4-2 富山商(富山)
智弁和歌山 7-4 国学院栃木(栃木)
智弁和歌山 11-10 創成館(長崎)
智弁和歌山 12-10 東海大相模(神奈川)

選抜高校野球の大阪桐蔭の結果

大阪桐蔭は伊万里と花巻東戦は圧勝でした。

打線はすごいのと投手も4試合で5失点と安定しています。

三重との試合だけ負けていますが勝負強さもあって逆転勝利しました。

大阪桐蔭の打線はいつ爆発してもおかしくないメンバーが揃っていますね。

大阪桐蔭 14-2 伊万里(佐賀)
大阪桐蔭 5-1 明秀学園日立(茨木)
大阪桐蔭 19-0 花巻東(岩手)
大阪桐蔭 3-2 三重(三重)

選抜高校野球2018年決勝の予想や日程

智弁和歌山対大阪桐蔭の選抜高校野球2018年の決勝の優勝予想をしてみます。


スポンサーリンク

智弁和歌山と大阪桐蔭の対戦は、2017年の春の近畿大会、夏の甲子園、2018年の近畿大会と全て大阪桐蔭が勝っています。

2018年の近畿大会では根尾昂選手のホームランで1対0で大阪桐蔭が勝利しています。

選抜高校野球の決勝までの試合内容を見ると打ち合いになる可能性もありますが、大阪桐蔭の投手陣が智弁和歌山打線を完璧に抑えるような気がします。

大阪桐蔭の柿木蓮選手、根尾昂選手が好投しているのと柿木蓮選手はそれ程投げていないので有利になります。

大阪桐蔭打線も1試合平均10点なので強力です。個人的には根尾昂選手がホームランを打ってくれると信じています。

智弁和歌山が優勝するとしたら打線が爆発して打ち勝つと思います。

日時:2018年4月4日(水) 12時

根尾昂はガム噛んでる?出身中学や兄、姉もすごい!

⇒藤原恭大の彼女や怪我の状態は?兄は焼き鳥屋で働いてる?

中川卓也はベースを蹴られる?twitterで炎上?

2018年選抜高校野球決勝戦 智弁和歌山対大阪桐蔭の優勝結果速報

根尾昂選手が9回を一人で投げきり大阪桐蔭が優勝しました。

智弁和歌山 000200000
大阪桐蔭 00020012X

まとめ

2018年の選抜高校野球の決勝戦は智弁和歌山と大阪桐蔭になりました。

昨年から大阪桐蔭が全て勝利していますが、決勝戦ではどっちが勝つのでしょうか。


スポンサーリンク