三本松高校は、夏の甲子園で初勝利することができて野球部として新たな歴史を作ることができました。

三本松高校の試合があるときは、アルティメットクラッシュかき氷打線という言葉がなぜか出てきますね。

かき氷打線とは一体どんな打線なのでしょうか。また、甲子園での過去の成績やチームの評価も気になったので調べてみました。


スポンサーリンク

三本松高校のアルティメットクラッシュかき氷打線とは?【画像】

香川県代表の三本松高校のアルティメットクラッシュかき氷打線が話題になっています。

アルティメットクラッシュとは、三本松高校のスローガンで「対戦相手にスキを見せないで完璧に勝つこと」という意味のようです。

アルティメットクラッシュは、清宮幸太郎選手の父親でヤマハ発動機ジュビロの監督の清宮克幸さんがチームを強くするために考えたスローガンで、それを三本松高校の監督が取り入れたようです。

それでは三本松高校のかき氷打線について確認してみましょう。

おそらくかき氷打線って何?ってほとんどの方が思われたと思います。

「三本松さんの選手、甲子園(球場)でカキ氷食ってましたよ。うちは許さんぞと(笑い)。僕らは水です。炭酸もダメ。飲んでいいのは水、牛乳、果汁100%ジュース、スポーツドリンクだけ。買い食いもダメ。携帯は入部するときに解約。3日で慣れますよ。公衆電話か手紙でいいんです」

下関国際高校の監督が「三本松高校の選手が甲子園球場でかき氷を食べていた」という言葉からかき氷打線とついたみたいです。

結局、下関国際高校は三本松高校のかき氷打線にやられて負けてしまいました。

三本松高校は、甲子園ベスト8まで勝ち進んでいて、本日試合が行われるので、かき氷打線が爆発するのか楽しみです。

三本松高校の選手がかき氷を食べている画像になります。


スポンサーリンク

三本松高校,かき氷打線

引用元:http://livedoor.blogimg.jp/kitikitik/imgs/4/7/47c7dfe0.jpg

甲子園の過去の成績

三本松高校の甲子園の過去の成績になりますが、甲子園には過去2回出場していますが、いずれも初戦で敗退しています。

今年は24年ぶり3回目の夏の甲子園の出場で初勝利することができています。

三本松高校の野球部創設から108年目で、甲子園で勝利できたことは非常に選手たちは嬉しかったでしょう。

甲子園のチームの評価は?

三本松高校の甲子園でのチームの評価は、それ程高くありませんでした。

絶対的エースの佐藤圭吾投手は、香川大会の準々決勝、準決勝では打ち込まれることがありましたが、打線の援護もあり勝ち進んできました。

甲子園では下関国際や強力打線の二松学舎大附をしっかり抑えることができているので、佐藤圭吾投手の評価は高まっていると思います。

チームでもしっかり守って打線も好調なので、今の勢いならもっと勝ち進んで行くことも可能ではないでしょうか。

甲子園 優勝候補2017夏最新ランキング!組み合わせや日程

まとめ

三本松高校のかき氷打線は、三本松高校が甲子園球場でかき氷を食べていたことによりかき氷打線と名前がついてしまいました。なので、かき氷を食べると力を発揮するってことはないですね。

甲子園の夏の過去の成績は、一度も勝利することができなかったけど、待ちに待った勝利を今年はすることができました。

甲子園はベスト8まで勝ち進んできましたので、チームの評価も上がってきていると思いますので、優勝目指して頑張ってもらいたいと思います。

大阪桐蔭のファースト(一塁手)は誰?足蹴られたって本当?


スポンサーリンク