「ロールアイスクリームファクトリー」が、2017年6月に日本上陸しました。女子が好きそうなスイーツはすぐにSNS上で拡散されあっという間に人気がでますね。

「ロールアイスクリームファクトリー」もまたその見た目が可愛いのですぐに人気が出て、行列のできる店としてメディアでも紹介されるようになりました。

ロールアイスクリームの値段はどのくらいなのでしょう。また、待ち時間も気になります。今回は「ロールアイスクリームファクトリー」を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ロールアイスクリームファクトリー原宿のメニューや値段は?

原宿にまた女子受けするスイーツ店がオープンしましたね。その名も「ロールアイスクリームファクトリー」。

カップにはロールアイスクリームがいくつか入っていて、トッピングがとても可愛いのでインスタ映えすること間違いないです。

現にSNSにはカラフルなカップのアイスクリームが挙げられています。

2017年6月にオープンして間も無く半年が経とうとしていますが、まだまだその人気は高く土日にはかなりの行列ができるとのことです。

どのようなメニューがあるのか、注文の仕方や値段など、ドキドキしながら行列で待っている時など気になりますよね。

慣れていないと余計に時間もかかるので、色々調べてみました。公式HPを見ると、カラフルで可愛いトップページが目に入ってきます。

注文の仕方はまず、バニラ・ストロベリー・チョコレート・抹茶の定番フレーバーか、季節限定のフレーバーを選びます。

そこに季節のフルーツやクッキーやチョコなどのスイーツから1種類選びます。

そして、40種類以上の定番と季節ごとに変わるトッピングから2種類選び、最後に10種類以上あるソースを1種類選びます。

作り方は、−14度のプレートの上で、ベースのフレーバーにフルーツやチョコなどを混ぜながら練っていきます。

冷えて固まってきたアイスを薄くプレートに伸ばします。ヘラで丸まるように剥がしていくのですが、そこが見ものですね。

丸まったアイスをカップに詰めて、トッピングとソースをかけて出来上がりなのですが、自分のオーダーしたアイスを作っているところを間近で見ることが出来るので、ワクワクします。

フレーバーを選ぶのは簡単ですが、トッピングやソースなどはたくさんあり、迷って決められないという人にはあらかじめ決められた組み合わせもあるので、1度そちらを食べてみて次からは自分で色々アレンジしたものをオーダーするのもいいかもしれないですね。

値段は、基本のコンビネーションの値段は780円ですが、トッピングなどは100円からとなっています。

トッピングなど自分の好きなものを選ぶ楽しみと、出来上がりの可愛さで女子には特に人気があるのもわかりますね。

行列の待ち時間は?

女子の間で人気が高い「ロールアイスクリームファクトリー」は、明治神宮前駅から徒歩1分、原宿駅、表参道駅から徒歩約5分の場所とあって、駅からも行きやすく行列ができるのも納得しますね。

6月にオープンして夏になり最長5時間という記録まで作ったと聞きますが、最近は季節も寒くなりアイスクリームなどは並ばなくても買えるかと思ったのですが、さすが人気店、寒さや季節など関係なく土日などは今でも長くて4時間待ちという人もいました。

原宿という場所ということで客は女子が多いせいか、待ち時間が3、4時間かかったとしてもまたそれがSNSで話題にしたりと行列も楽しんでいるような感じです。

ただ、人数が少ないと思って並んでも、一つ一つしっかりと手作りしているので、その時間も待ち時間に含まれ長く感じる人もいるようです。

営業時間は10:00から21:00までなので、開店直後や夕飯後の20:00ごろだとそれほど待たないで買えるかもしれません。

やはり土日は全国から遊びに来たお客で混雑が予想されます。最低30分待つのは仕方のないことかもしれませんね。

カラフルで可愛いロールアイスはトッピング次第で色々自分好みにできるので、インスタを見るとハッシュタグをつけ、それぞれ工夫したものを見ることができるので楽しいですよ。

写真を見ると行列に並んでも作ってもらい食べたいと思うのがわかります。

【原宿・渋谷】ピンクでかわいいけどおしゃれなカフェ3選

まとめ

タイで誕生し、NYで人気が出て、日本にオープンした「ロールアイスクリームファクトリー」は、原宿という場所柄、女子の客が多くインスタやブログなどにたくさん画像がアップされています。

値段はベースが780円ですが、トッピングやソースでそれぞれ値段も変わってきます。

行列の待ち時間も30分から最長3、4時間待ちまで曜日や時間によってまちまちですが、一つ一つ手作りなので時間がかかるのも仕方ないかもしれません。

待つ間、作る工程を見ることもできるので、ワクワクしながら行列に並び、トッピングなどで自分でカスタムしたロールアイスを友達と比べながら写真に撮ったり、食べるのは楽しいでしょうね。

原宿のわたあめの行列の待ち時間や整理券は必要?値段はいくら?


スポンサーリンク