東京駅一番街にある東京ラーメンストリートには8軒のラーメン屋さんが店を構えているのですが、その中でも人気の高い「六厘舎」は絶えず行列ができる店ということで知られています。

六厘舎は朝から営業しているので、朝つけ麺を楽しむ人も多いとのことです。

今回、六厘舎の行列の待ち時間を平日・土日・朝とそれぞれ調べてみました。

そして、つけ麺がおすすめという六厘舎のメニューや、場所と営業時間について紹介したいと思います。


スポンサーリンク

六厘舎東京駅 平日・土日・朝の行列の待ち時間は何分?

東京駅にある東京ラーメンストリートの中でもトップの人気を持つ六厘舎ですが、常に行列を作り待っている人が多く、ネットでもよく話題になっていますね。

東京駅は年中人が溢れているので、平日でも昼時になると行列ができるのが当たり前のようです。六厘舎に行く人の殆どは行列に並ぶことを覚悟していると言っても過言ではないでしょう。

平日の昼の待ち時間は、30分から1時間ぐらいが多いようです。足元に45分や、30分の待ち時間の目安が書いてあるので親切心が感じられますね。

観光客だけでなく駅周辺で働いている人の来店もあるのでランチタイムには平日も関係なく行列ができるのだと思います。

しかし、平日の昼は急いで食べて仕事に戻る人もいるので、回転が早く行列が長くても待ち時間はそれほどかからないでしょう。

夜に来店する人の話では、昼よりも待ち時間が少ないと聞きましたが、それでも30分くらいは待ったとのことです。

平日でも30分から1時間待ちは普通という六厘舎の土日の行列はやはり全国からのお客で1時間から2時間待ちと言われています。

朝なら空いているかと思えば、仕事に行く前に寄って行くという人もおり30分くらい待ったという声も聞かれました。

9時くらいに行くとすんなり入れるとの話もありますが、人数によってラストオーダー時間前に閉店という場合もあり、ギリギリに行くのは避けたほうがいいです。

美味さに加え、店員の接客態度も良く、リピーターが多いということで行列に並んでも食べたいと思う六厘舎の人気の高さがわかりますね。

ラーメンよりつけ麺がおすすめ!

六厘舎といえば、やはりつけ麺が一番でしょう。つけ麺ブームの火付け役と言われており、ネットの口コミの写真の殆どがつけ麺です。

麺は太めでドンブリに綺麗に盛り付けられているのですが、見た目でももっちりとしているのがわかります。

濃厚なスープにもっちりした麺をつけて食べるつけ麺は、想像だけでも美味しそうですね。

メニューはつけめん(830円)、特製つけめん(1060円)、トッピングとして別皿に特製香辛料かついてくる辛つけめん(930円)、海老香味油が別皿についてくるつけめんシュリンプ(930円)などがあります。


スポンサーリンク

別皿についてくる香辛料は麺に絡めてもよし、スープに入れてもよしと色々な食べ方が楽しめます。

味玉や香辛料、豚ほぐしなどのトッピングも選べるので自分流にアレンジして食べることができます。

また、麺は冷たいものが出てきますが、冷水でシメた後再度お湯に通し暖かい麺にする、あつもりにすることもできます。

麺本来の小麦の味が強調されてまた違った味わいになります。また、朝つけめん(630円)・特製朝つけめん(860円)は、つけ汁も魚介を強調しあっさりとしているので食べやすいとのことです。

六厘舎にはつけ麺だけでなく、中華そば(700円)・特製中華そば(900円)の普通のラーメンメニューもあります。

それに、1食入り850円と3食入り2550円の持ち帰り用は行列に並ばず買えるということで、家でも六厘舎の味を楽しみたいという方や、お土産にも喜ばれそうですね。

場所・営業時間

人気の六厘舎の場所は、東京駅の八重洲地下中央口改札を出て右にある、東京駅一番街地下1階の東京ラーメンストリート内にあります。

時間によっては、行列の人の並びで店内が見えないことがあります。角に店があるのですが、行列を目印にできるかもしれませんね。

営業時間は2部制になっています。朝の部は7:30から9:45(ラストオーダー9:30)。昼から夜の部は10:30から23:00(ラストオーダー22:30)。

営業時間が長いので、行列が途絶える時間もあるでしょう。待ち時間が気になる人は、食事の時間をちょっとずらしてみるのもいいかもしれないですね。

人数などによってはラストオーダー前に終了ということもあるので、時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

【完全保存版】東京駅ラーメンストリート人気おすすめランキング8選

まとめ

東京駅一番街B1にある東京ラーメンストリートにある六厘舎は、行列のできる店ということで全国的に有名なラーメン屋なのですが、行列の待ち時間は平日でも30分から1時間、土日は1時間から2時間と言われています。

しかし、店員の対応の早さとつけ麺の食べやすさに客の回転が早いので、行列は長くてもそれほど待たなくて入れたという声が聞かれます。

それでも行列が苦手という人は、行列も少ない朝7:30から営業している朝つけ麺をお勧めします。

六厘舎にはつけ麺だけでなくラーメンもメニューにあるので、食べ比べもいいかもしれませんね。

東京駅に行ったらぜひ寄りたい店と言われている六厘舎のつけ麺は行列に並んでも食べる価値があるということで、時間に余裕があるなら是非行列に並んで食べてみてください。


スポンサーリンク