最近、テレビでしょっちゅうCMが流れていることで、仮想通貨についてなんとなく気になっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、仮想ということで不安に思っている人もいるでしょう。

仮想通貨の市場もだんだんと広がりを見せ、世界では1500種類もあり、日本の仮想通貨取引所に上場しているのは14種類と言われています。

リップルのその中の1つになりますが、日本での取引所のおすすめランキングを紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ランキング1位 coincheck

おすすめランキング1位は「コインチェック(coincheck)」です。

芸人の出川哲朗さんのCMでも話題になっていますが、初心者向けには1番人気がある取引所です。

コインチェックの公式HPを開けばユーザー登録もできますし、アカウント作成さえ出来れば送られてくるハガキを待つだけです。

あとは入金するだけですが、手数料がコンビニ手数料、クイック手数料が、3万円未満で756円。3万円以上50万円未満で1000円かかります。

ただ、銀行振込の場合は無料となっており、時間がある人は銀行まで足を伸ばして、銀行振込するのはいいでしょう。

手数料も数多く使用するとそれだけ勿体無いので、少額取引するよりも一度にある程度入金し多方がいいかもしれないですね。

コインチェックのでのリップルの買い方はとても簡単です。

コインチェックのホーム画面で、コインを買うというところを選び、数あるコインの中からリップルを選び、レートを算出しながら数量を入力して購入となります。

ただ、コインチェックでは取引時に手数料がかかるので、そこもよく考えないとならないですね。

しかし、コインチェックは取り扱い通貨も多く、簡単に始められるという点では日本での取引所では1番のおすすめかと言えるでしょう。

また、取引所と間違えられるのが販売所です。初心者には、アカウントを作り、ユーザー登録するところまでは簡単にわかりますが、取引所と販売所の違いはわからないかもしれませんね。

コインチェックのPC画面で取引所売買と、販売所売買の画面を見ると明らかに違うので、画面を見ながら進めていくとわかりやすいでしょう。

違いとしては、コインチェックなどの運営会社から売買することを販売所売買といい、運営会社を利用して仮想通貨を持っている人(1般ユーザー)と売買することを取引所売買といいます。

違いは、会社から直接売買するのか、ユーザーから売買するのかですね。

コインチェックは取引所でも販売所でも高く評価されていますし、セキュリティ面でも心配はなさそうなので、利用者が多いのかもしれません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ランキング2位 GMOコイン

おすすめランキング2位は「GMOコイン」です。

GMOの公式HPを見ると、GMOコインは取引所ではありませんと書かれており、不安に思う人もいるかもしれないですね。

先程コインチェックで、取引所と販売所の違いを記しましたが、販売所であるGMOコインでは、少額取引から多額の取引まで幅広く取り扱っており、ユーザー間での売買より安心できるのかもしれません。

「リップル」取引所のおすすめとしては販売所ということで、買い占めなどができないように1日で買える「XRP」が決まっています。

取引所よりも買値が高めになっていますが、販売所ということで定価販売なので、安定価格で買えるメリットもあります。


スポンサーリンク

また、手数料が無料というところでもおすすめではないでしょうか。

大手会社のGMOの仮想通貨ということで、セキュリティ面でも安心して使えますし、専用アプリが使いやすいと評判もいいです。

仮想通貨FXでも「GMOコイン」は使いやすいと聞かれます。一定の損失が生じた場合に自動的に取引が終了するので、大損しないという面もあります。

デメリットはそれなりにありますが、「リップル」初心者にはコインチェックの次に使いやすい「GMOコイン」だと思います。



ランキング3位 ビットバンク

おすすめランキング3位は「ビットバンク」です。

ビットバンクは2017年10月16日から2018年1月9日まで取引手数料が無料になるキャンペーン中です。

有名アルトコイン(ビットコイン以外)である「リップル」などの指値取引ができるのは国内ではビットバンクだけとなっています。

指値取引など専門用語のようなものが出てくると初心者は、また不安になるでしょう。

まず、取引所とは、先ほども述べましたが、手数料をもらい、仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる場を提供するサービスです。

買い手と売り手の売買価格から、最も高く買いたい人と最も安く買いたい人の価格がマッチした時に取引が成立するのです。

うまくマッチしない時にはどちらかが相手の取引条件を飲むしかないのですが。買い手の需要が高ければ価格は上がり、売り手の需要が高ければ価格が下がる仕組みになっているのです。

指値取引とは、あらかじめ額をだし、その価格で売りたいとか、買いたいと注文を出すことで、すぐに取引が成立するわけではありません。

つまり、条件付きの注文を指値取引と言います。メリット・デメリットもありますが、「ビットバンク」でできる取引の中には指値取引もあるということです。

「リップル」は銀行間の送金にも使われており、長い目で見るとビットバンクで保有することもメリットはかなりあると言われています。

番外編 SBIバーチャル・カレンシーズ

番外編として「SBIバーチャル・カレンシーズ」について紹介します。

SBIホールディングスは、仮想通貨市場に一早く進出した企業であり、その関連会社の「SBIバーチャル・カレンシーズ」が2018年1月にオープン予定となっています。

取り扱い仮想通貨は、ビットコイン・ビットコインキャッシュ・リップルの3社となっています。

大手会社で尚且つ仮想通貨市場にいち早く進出したということはオープンしたら日本でもランキング上位に来ることも予測できるでしょう。

今からおすすめするIT関係者も多いです。住信SBIネット銀行からの即時入金が無料となっています。

「リップル」に注力しているという点でも「SBIバーチャル・カレンシーズ」から目が離せませんね。

まとめ

仮想通貨の「リップル」取引所の日本でもおすすめランキング3社を紹介しましたが、初心者には結構難しく思えたかもしれませんね。

しかし、少額からならアプリでも楽しめますし、それぞれメリット・デメリットがあるので、「リップル」を利用するならよく考えた上で、おすすめランキングの会社のHPなどもよく見て、自分にあった取引所、販売所を選んで、初めは楽しむくらいがいいかと思います。


スポンサーリンク