ベイクのアップルパイ専門店のリンゴ(ringo)がオープンしてから1年以上たちました。今月には福岡県の天神地下街にもリンゴがオープンしました。

サクサクっとしたパイとカスタードクリームが絶妙なので、アップルパイとしては完成度が高いと思います。

池袋にあるアップルパイのリンゴの場所や値段、行列の待ち時間について紹介します。


スポンサーリンク

池袋アップルパイのリンゴの場所や値段は?

池袋アップルパイリンゴ

アップルパイのリンゴ(ringo)の場所ですが、JR池袋駅の東口の中央改札または北改札を出て左に歩いて数分のところにあります。池袋駅から数分で、角の場所にあるので、わかりやすいと思います。

ビックカメラやPARCOの場所に近いです。池袋によく来る方ならわかると思います。

リンゴのアップルパイの値段ですが、1個370円(税別)、4個セット1400円(税別)となります。4個セットの方が1個買うより値段が80円お得になっています。一人で食べるなら4個もいらないですよねー。

個数制限は4個までとなっています。行列に再度並べば待ち時間は増えてしまいますが、購入することはできると思います。

賞味期限は購入日の翌日までで要冷蔵です。時間が立ってしまって食べる場合は10秒~20秒くらい温めてから食べると美味しくなります。

住所:東京都豊島区南池袋1-28-2 JR池袋駅 1F
営業時間:10時~22時
定休日:無休


スポンサーリンク

池袋アップルパイのリンゴの行列の待ち時間は?

池袋アップルパイリンゴ

池袋のアップルパイのリンゴ(ringo)の行列の待ち時間は、オープン当初は1時間以上並びましたが、現在の行列の待ち時間はそんなに待たないようです。

朝一に行くと待ち時間なしで買えることもあるので、朝一に行くのもおすすめです。後は閉店間際も行列がなかったりするので、いいかと思います。

アップルパイが好きな方なら行列の待ち時間は関係ないっていって並ぶ方もいますね。

⇒⇒まんまる林檎パイ アップルパイ

まとめ

アップルパイ専門店のリンゴの場所はJR池袋駅の東口の中央改札または北改札から数分のところにあります。値段は1個370円(税別)、4個セット1400円(税別)となります。

行列の待ち時間はそこまで待たないと思いますので、美味しいアップルパイのリンゴをぜひ買って食べてみて下さいね。

池袋お土産 人気おすすめランキング5選【お菓子・スイーツ編】


スポンサーリンク