東京駅近くにある「ポワンエリーニュ」は、パンの美味しさはもちろんのことランチも楽しめるとあって、特に女性に人気がありランチ時には行列ができるほどです。行列ができる店なので予約ができるか気になりますね。

ランチメニューのパンは食べ放題ということで、いくつかあるランチセットはどれもがおすすめメニューです。

今回は、新丸ビルと略される商業施設の地下1階にある「ポワンエリーニュ」を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ポワンエリーニュ ランチの予約はできるのか?

新丸の内ビルディング地下1階にある「ポワンエリーニュ」は、店内にあるパン窯で焼き上げた常時30から40種類のパンを販売し、東京みやげとして贈答用のパンも販売しているということで常に行列が絶えません。

パンの販売だけでなくランチやディナーの人気も高いです。

営業時間は11:00からなので、モーニングというよりもブランチにちょうどいいでしょう。平日のランチタイムは11:00から14:00。土日祝日のランチタイムは10:30から15:00となっています。

東京駅から徒歩すぐのところにあるので、平日は丸の内で働いているOLなどがランチで利用したりテイクアウトでパンを買っていき、土日祝日は観光や買い物客が口コミサイトを見て来店しているようです。

行列が絶えないパン屋ですが、パンに合うような料理も評判が良く、ランチタイムは女性の客が多いようです。開店時間と同時に客が埋まるとのことで予約できるのか調べてみたのですが、予約はディナータイムしか承っていないとのことです。

ランチに利用するには開店時間に合わせるか、混雑を避けお昼時間をずらしていくといいかもしれませんね。

パンや料理にあったワインの評判もいいので、混雑を避けゆっくり食事を楽しむにはランチタイムをずらしていくことをおすすめします。

ただ、ランチセットは数量限定のため完売している場合があるので、ランチタイム終了ギリギリにいくのも気をつけなければならないですね。

おすすめメニューは?

「ポワンエリーニュ」のランチタイムのメニューは、4種類のセットと、スープセットがあります。

値段はスープセットが1000円、4種類あるランチセットは1500円です。ワンドリンクサービスがありますが、オプションでエビスマイスターや、シードル、グラスワインなどのアルコールドリンクや、果汁100%ジュースをオーダーすることができます。


スポンサーリンク

パンにも料理にも合うということで、ランチタイムにちょうどいいグラスワインを一緒にオーダーする人が多いです。

どのメニューセットも自慢のパンが食べ放題となっています。6種類のディップは飽きることなくパンを楽しむことができるということで4種類のランチセット全てについています。

ランチだけでなく「ポワンエリーニュ」には、アンビザー1本200円という1日1000本が即完売したという大ヒット商品があります。

丸の内の忙しいビジネスマンが片手で食べられるようにと開発された細長いあんぱんです。中の餡は黒糖風味のこしあんになっています。

そしてオリーブオイル風味の甘さを控えたシンプルでベーシックなセミハード系生地で包んである、焼きたてで食べるのがとても美味しいパンです。

また、冷やせば極上のチョコレートケーキのような、温めればトロッと濃厚なフォンダンショコラのような食感のテリーヌショコラ、隠し味にマスカルポーネクリームを練りこんだ極上食パンレジェルテ、くるみとレーズンをぎっしり詰め込んだピヨトルも「ポワンエリーニュ」の人気商品です。オンラインショップでも買い求められます。

まとめ

丸の内、東京駅からすぐの新丸ビルの地下1階にある「ポワンエリーニュ」は美味しいパン屋で有名ですが、ランチの評判も良く行列ができる店ということで口コミサイトでも評判が高いです。

ランチメニューはセットになっており、パンが食べ放題ということでも人気があります。

ただ、ランチタイムの予約は承っていないということで、時間を見ながらいくことをおすすめします。

オンラインショップでも買い求められるアンビザーとテリーヌショコラは「ポワンエリーニュ」の看板商品ともいえるでしょう。

ぜひ東京駅に行く機会があれば新丸ビルまでちょっと足を伸ばして「ポワンエリーニュ」の美味しいパンやランチを口にしてみてください。


スポンサーリンク