「ぺぺキャッシュ」は海外版2ちゃんねると言われる海外匿名掲示板4ちゃんねるから生まれた通貨で、日本でいうと2ちゃんねる発祥と言われるモナコインと同じようなものと考えるといいでしょう。

特徴はレアぺぺと言われるトレーディングカードを売買でき、トレーディングカードゲームの開発もされているので、若者受けにもよく将来性はあると見られます。今後の価格が気になりますね。

日本での取引所はザイフがおすすめと言われています。今回はぺぺキャッシュについて紹介したいと思います。


ぺぺキャッシュ 今後の価格と将来性!

みどりのカエルがトレードマークのぺぺキャッシュですが、仮想通貨の数は世界中で1500種類以上あるとも言われ、ぺぺキャッシュのその中の1つです。

日本ではあまり馴染みがない通貨かもしれませんが、海外匿名掲示板4ちゃんねるから生まれたということで、日本で言えばモナコインのようなものでしょう。

モナコインも初めはネタコインではないかと認知度も低く購入する人もそれほど多くはありませんでした。

しかし、モナコインはビットフライヤーでの取り扱い開始に伴って高騰を見せ若者からの指示もあり注目度も高くなりました。

ぺぺキャッシュはモナコインのように若者に受けています。その特徴は、トレーディングカードにあるでしょう。

レアぺぺというトレーディングカードは自作もでき、自作カードを売ったり、他人の作ったカードを買ったりできる点でも他の通貨とは違います。

独自のウォレットを持っていればレアぺぺカードと言われるデジタルカードを通貨のように所有・管理・閲覧することができ、ユーザー間で売買することも可能です。

2017年12月に高騰を見せたことで注目を浴びましたが、仮想通貨は注目を浴び購入する人が増えるとそれに伴い流行に遅れないようにと、購入する人が出てくるので尚更高騰が止まらなくなる場合があります。

仮想通貨を少しでも知っている人は、今買っておけば将来的に価値が上がると見て購入している人が多いのかも知れませんし、始めたばかりも人もネットなどで調べて期待を込めて購入しているのかも知れません。

ぺぺキャッシュの今後についてですが、大きな高騰があるのかは誰もが予想できませんが、価格はまだまだ上がるのではないかと言われています。

そして、ホワイトリスト入りしたということで安定感のある仮想通貨ということで将来性はあるのではないでしょうか。

取引所はザイフがおすすめ

ぺぺキャッシュの取引所は現在カナダのTuxExchangeと日本のザイフのみとなっています。

しかし、高騰により注目されると知名度も上がり、これから海外のビットレックスやポロニエックスなどの大手取引所への上場があるかも知れませんし、日本でもコインチェックやビットフライヤーなどが取り扱いを始めるかも知れません。

その場合には大高騰が考えられますが、現在まだそこまでの話には至ってないようですね。海外の取引所を選ぶなら、日本のザイフをおすすめします。

ザイフは日本ではおなじみの取引所なので初心者でも安心して取引ができるのではないでしょうか。初心者は、ネットやSNSなどの情報を参考にしていると思います。

ぺぺキャッシュについても、取扱取引所のザイフについても色々と載せているので、ある程度の知識は頭に入ってくるでしょう。

ザイフはテレビCMはしていませんが動画サイトで芸人のかまいたちが漫才形式で、初心者にも仮想通貨とはどういうものか、ザイフのメリットについてなどわかりやすく笑いを交えて説明しています。

まだまだ仮想通貨についてネガティブなイメージを持っている人も多いのですが、動画を見れば仮想通貨のイメージも少しは変わるかもしれません。

そう考えるとザイフがかまいたちを起用した点は成功だったように感じます。

かまいたちの山内さんが実際仮想通貨を購入しているので説得力もありますね。

ぺぺキャッシュを取引するならおすすめはザイフでしょう。

手数料が最安値のZaifがおすすめ

まとめ

みどりのカエルが特徴の仮想通貨ぺぺキャッシュの今後の価格は上がるのではないかと予想されています。

トレーディングカードという特徴が若者うけしているので、将来性も見込めるでしょう。

取引所はまだ2つしかありませんが、その中の1つであるザイフは日本の取引所でも定評があるので、ぺぺキャッシュの売買にはザイフがおすすめですね。

仮想通貨の価格変動は誰もが予想できないくらいに時に大きく高騰したりするので、まずは購入したら焦らず静観するのがよろしいかと思います。


スポンサーリンク