ピアニストの野田あすかさんは、障害を抱えながらも数々のコンクールで賞を受賞し、ご両親の力添えの大きさに頭が下がります。

野田あすかさんの母親は、現在どこで先生をしているのでしょうか。

また、野田あすかさんはアニメや映画化された人気漫画「のだめカンタービレ」の野田恵のモデルになっていると言われています。

2016年12月2日に「金スマ」で放送され、全国に衝撃と勇気を与えた野田あすかさんの病気とピアノの関係性。母親について調べてみました。


スポンサーリンク

野田あすかさんの母親は現在どこで先生してるのか?

野田あすかさんは、ピアニストとして数々のコンクールでの受賞歴がありますが、実は発達障害という病気を抱えています。

2016年12月に放送された「金スマ」の中で、野田あすかさんの障害についての特集を組んでいました。

発達障害や、心の病というのはなかなか周りに理解されず、自分では当たり前のことをしているのになぜ他の人たちは変な目で見るのだろうという気持ちになってしまうのです。

友達からのいじめも多く、仕方なく自分の殻に閉じこもってしまうので、自分でもどうすればいいのか分からず時には自分を傷つけるといったこともしてしまうのです。

母親は理解するよりも不安感の方が先に立ち途方に暮れてしまうでしょう。

野田あすかさんは、友達とうまくコミュニケーションを取ることができなかったのでしょうね。

自分でも理由がわからず、壮絶ないじめにあった野田あすかさんは4歳でピアノと出会います。いじめにあったり、友達ができなかった時にもピアノはそばにいました。

宮崎大学に入学してもストレスは多く、パニック障害に過呼吸発作を繰り返し、結局中退してしまいした。

その後、留学先のウィーンでやっと野田あすかさんの病気が広汎性発達障害とわかるのです。

子供の頃にわかっていたらこんなに苦しまずに済んだのかもしれないと誰もが思ったかもしれませんね。しかし、野田あすかさんに、運命的な出会いがありました。

宮崎学園短期大学に長期履修生として音楽を学ぶことになるのですが、この時の恩師、田中幸子先生との出会いで人生も変わったと思います。

障害のある野田あすかさんの全てを受け入れ、野田あすかさんを励ましてくれました。

22歳にようやく自分の病気を知り、病気と向き合い、ホッとすることができたという野田あすかさんですが、母親の愛情とピアノがあったから辛いことでも耐えられたのでしょうね。


スポンサーリンク

母親は後悔もたくさんあったと思います。母親の現在は、日南学園高校を最後に教師生活を終え、食の文化を伝えたり、発達障害を持った子供の親として講演活動も行なっているという噂を聞きます。

野田あすかさんは、福岡でピアノ教室の先生をしているという話も聞かれます。他にもCDブックや、本を出版したり、ピアノコンサートをしながら、広く野田あすかさんの音を伝えています。

野田あすか,母親

野田あすかさんはのだめカンタービレのモデル!

ピアニストの野田あすかさんが、「のだめカンタービレ」という人気漫画の主人公、野田恵にモデルとなったとネットで話題になっています。

「のだめ」というとなつかしいドラマ「のだめカンタービレ」での上野樹里さんのイメージが強く、上野樹里さんも女優として、のだめのイメージが強く、次の役をなかなか演じることができなかったという話がありましたね。

発達障害という病気と向き合いながらピアニストとして活躍する野田あすかさんが、「のだめカンタービレ」の野田恵のモデルとなったのでしょうか。

同じ「野田姓」で名前も近いので、そう思われているのかもしれませんね。

それに、漫画の野田恵は、一度聞いた曲は譜面を見なくても再現できるという天才肌のようなので尚更野田あすかさんと重なる部分が多いのかもしれませんね。

「のだめ」のモデルは福岡でピアノ教室を開いているという話も聞きますし、ネットでの噂ですが、真実味もありそうですね。

まとめ

発達障害のピアニストとして活躍する野田あすかさんは、高校時代まで壮絶ないじめにあってきました。

誰も病気と認識していなかったからです。娘を守り続けた母親は、どこの学校で先生をしているのか調べてみたら、2017年3月31日に宮崎県日南学園高校を退職されていました。

たくさん後悔もあったでしょうし、大変な思いもしてきたでしょう。これからは講演などの仕事をしていくのではないでしょうか。

「のだめカンタービレ」のモデルとも言われる野田あすかさんは、これからもピアノを弾き私たちに音楽の素晴らしさを伝えていくのでしょうね。


スポンサーリンク