10代女子がなりたい顔に選ばれるなど、西内まりやさんはキュートな顔をしており、2015年7月まで「セブンティーン」のモデルとして活躍していました。

もともと一重だったまぶたが二重まぶたになり、女性はどのようにして二重にしたのか作り方に興味があるようですね。

女優として映画やドラマで活躍し、歌手活動では作詞作曲するなど、幅広く活動をしている西内まりやさんのまぶたは不自然なのか、二重の作り方の方法が気になり調べてみました。


スポンサーリンク

西内まりやさんの二重まぶたの不自然なのか?

西内まりやさんは、もともと一重まぶたでした。小学校時代の写真などを見るとよくわかりますね。

バドミントンで活躍し数々の優勝歴があり、写真も多く残っているので子供時代の顔も見ることができるのですが、一重の顔でも十分可愛いです。

ローティーン向けファッション誌「ニコラ」のモデルになった頃は、まだ奥二重のような目をしていましたね。

高校生になりティーン向けファッション誌「セブンティーン」のモデルの頃には少しずつまぶたも軽くなり、目元がスッキリしています。二重まぶたもくっきりとは言えませんが、一重の頃に比べるとかなり変わりました。

目が変わったことで整形疑惑の噂が流れましたが、西内まりやさんはアイプチを使って目を二重にしたと公表しているので、普通の女子高生のように毎日二重になるようにまぶたのケアをしていたのではないでしょうか。

アイプチは簡単に二重まぶたになるということで色々な種類のものが売られています。しかし、毎日同じ線を描かないと綺麗な二重にならないので、途中で挫折してしまう人もいるようです。

西内まりやさんの二重が不自然に見えるというのは、体調にもよるとは思いますが、時々まぶたが腫れぼったく見えくっきりした二重じゃないことに原因があるのでしょう。

そして、ちょっと斜視が入っているような感じもするので余計に不自然に見えるかもしれないです。しかしモデルとあって、どんな表情も素敵なので真似をしたくなる気持ちはわかります。

西内まりや二重


スポンサーリンク

西内まりやさんの二重の作り方の方法とは?

西内まりやさんの二重の作り方の方法について、真似をしている人がネットで紹介していますね。高校生などは一重のまま登校して放課後や休日だけ二重にする方法として、テープや絆創膏などを使ったりするようですが、やはり限界もあるので、きっちり二重にしたいときはリキッドタイプのアイプチを使ったほうがいいです。

よく、時間が経ったり水に入ると白浮きしてくるという悩みも聞かれるので、リキッドタイプでウォータープルーフの物を使うのがいいようです。

西内まりやさんの二重の作り方は・まぶた表面の油をしっかり拭き取る・まぶたの上に半月型にアイプチを塗る・アイプチが半透明になってきたらまつげの根元から上に押し上げまぶたをくっつける・仕上げに目頭を引っ張り糊の部分を抑えて密着させる。という感じです。

文字を読んだだけではよくわかりませんが、アイプチの使い方を動画で紹介している人がいるので、動画を見ながら練習したほうがいいですね。コツは、目を大きく開いて自然にまぶたがくっつきそうなラインを見るける事だそうです。

付属のプッシャーを使うと糊がプッシャーにくっついたり、まぶたを押し込み過ぎて二重幅が広がり過ぎて、不自然になるので指でやるほうがいいようです。

また、アイプチを塗る前にしっかりまぶたのマッサージをして、重くなりがちなまぶたの肉をスッキリさせる事で綺麗な二重ができるそうです。

不自然に見えないように同じ線を作るには毎日の努力が必要ですが、まれにアイプチが肌に合わない事でかぶれたりすので気をつけないといけませんね。

まとめ

モデルの他にも多方面で活躍中の西内まりやさんですが、実は中学生までは一重がコンプレックスで、高校生になると二重まぶたになるように毎日アイプチを使って二重の線を作ったようです。

ネットでは不自然に見えるのはもともと一重だからかなどと言われていますが、西内まりやさんは女子がなりたい顔に選ばれるほどなので、二重まぶたの作り方がネットで紹介されていますね。

記事や動画でも見ることができます。西内まりやさんは、二重の目をもっとよく活かすためにアイメークにもこだわりがあるようですね。こちらは本人の動画が見られます。

二重にすると明るいイメージが持たれるので、コンプレックスで悩む人には整形よりも手軽に自信がつく顔になると思います。西内まりやさんは二重になり自分に自信をつけて仕事に打ち込んでいるので、顔だけでなく生き方も真似したいですね。


スポンサーリンク