東海大相模の西川僚祐選手(にしかわりょうすけ)の出身中学校や大阪桐蔭の関係やドラフト候補になるのか紹介します。

夏の甲子園予選ではホームランを打ったりして勝利に貢献しています。夏の予選で活躍して甲子園にも出場してもらいたいと思います。

スーパー高校生と言われている西川僚祐選手は今後どこまでのすごい選手になるのでしょうか。


西川僚祐選手(東海大相模)の出身中学校

東海大相模高校の西川僚祐選手は出身中学はわかりませんが、佐倉シニアなので佐倉中学校に通っていたかもしれないですね。

東海大相模高校の西川僚祐選手は中学校時代は名門佐倉シニアで4番バッターを打っていたスラッガーになります。

ジャイアンツカップ決勝ではエースの仲三河選手からホームランを打ったことがある逸材です。

西川僚祐選手がホームランを打ったことがときの動画になります。東京ドームに逆方向への驚愕のホームランとなっています。

中学生は逆方向に打つのはちょっとありえないと思います。清宮幸太郎選手を超える逸材なのかもしれません。


西川僚祐選手と大阪桐蔭と日大三との関係は?

西川僚祐選手は中学時代に全国優勝しているので大阪桐蔭からも声がかかったのではないかと思います。日大三からもあったのかもしれません。

ジャイアンツカップ決勝の対戦相手だった仲三河優太選手は、大阪桐蔭で進学しているので甲子園での対戦することがありそうです。

東海大相模の西川僚祐選手は夏の甲子園予選でも活躍しているので大阪桐蔭と対戦することがあるなら面白そうですね。


スポンサーリンク

ドラフト候補になるか?

西川僚祐選手はドラフト候補になるのでしょうか。

夏の甲子園の3回戦では高校公式戦1号となる場外ホームランを放っています。また、中学時代にも東京ドームでライト方向にホームランを打つことができるパワーがあるのですごいバッターになりそうですね。

東海大相模では1年生ですが4番を打つスーパー1年生なので今後の進路も気になりますね。

高校や大学での活躍によりドラフト候補になるのは間違いないと思います。

大和南との試合を見るとどれだけすごい選手なのかがわかります。本当にすごい選手なので甲子園や進路がきになります。

まとめ

東海大相模の西川僚祐選手の出身中学は千葉の佐倉シニアだったので佐倉中学校なのかもしれません。

西川僚祐選手は大阪桐蔭や日大三からもスカウトとか来ていたような気がします。

現時点でも西川僚祐選手はドラフト候補になる逸材なので活躍が期待されます。


スポンサーリンク