偽1万円札の見分け方や特徴を紹介します。また、被害が出ている県はどこになるのでしょうか?

偽1万円札なんて見たことがないので自分で判断するのは難しいと思いますが、見分け方や特徴について確認して下さい。


偽1万円札の見分け方や特徴

偽1万円札の見分け方や特徴になりますが、折り目がつけてあったり、透かしや、左下のホログラムで見分け方がわかります。

1万円札の本物を知らないと偽物と見分けがつかないと思います。「透かし」や「ホログラム」を、よーく見ると見分けがつくようですね。

1万円札は透かしは、3本立てにラインが入っているのでじっくり確認してみて下さい。また、1万円札の左下には「L」のマークが刻まれています。5千円は「●」、1千円は「横棒」のマークになります。あとは番号の下5桁で偽物か判断できるようです。

1万円札をこんなにじっくり見る機会はほとんどないので、偽1万円札が出回っている今確認して置くと良いと思います。

被害が出ている県はどこ?

被害が出ている県はどこになるかというと東京、神奈川県、埼玉県になります。

東京は江東区、墨田区、足立区で発見されていますが、もしかすると他のところでも偽1万円札が出回っている可能性があるかもしれません。

東京や埼玉県でも偽1万円札の番号が同じものも確認できているようなので、今のところ関東圏のようです。

コンビニなどでは偽1万円札かどうかを会計時に確認することがあるようなので協力してあげましょう。

偽1万円札の作り方はわかりませんが、見分け方ができないくらい簡単に作れてしまうのか不思議ですね。


スポンサーリンク