元旦の2020年1月1日(水・祝)にニューイヤー駅伝2020が開催されます。

ニューイヤー駅伝の優勝候補・優勝予想や設楽悠太選手、田村和希選手、服部悠馬選手、服部弾馬選手、服部弾馬選手、井上大仁選手の注目選手を紹介します。

スポンサーリンク

ニューイヤー駅伝2020の出場チーム・参加チーム一覧


ニューイヤー駅伝202は、地区実業団駅伝予選会の勝ち上がった参加・出場チームは全部で37チームあります。

東日本実業団駅伝競走大会2019のニューイヤー参加チーム一覧

東日本実業団駅伝競走大会2019の参加チームになります。

  • コニカミノルタ
  • Honda
  • JR東日本
  • ヤクルト
  • GMOアスリーツ
  • 日立物流
  • カネボウ
  • SUBARU
  • 小森コーポレーション
  • 警視庁
  • プレス工業
  • コモディイイダ
  • 中部実業団駅伝大会2019結果のニューイヤー参加チーム一覧

    中部実業団駅伝大会2019の参加チームになります。

  • トヨタ自動車
  • 愛三工業
  • トヨタ紡織
  • トーエネック
  • 愛知製鋼
  • NTN
  • 中央発條
  • 北陸実業団駅伝2019のニューイヤー参加チーム一覧

    北陸実業団駅伝2019の参加チームになります。

  • YKK
  • セキノ興産
  • 関西実業団駅伝2019のニューイヤー参加チーム一覧

    関西実業団駅伝2019の参加チームになります。

  • SGホールディングス
  • 住友電工
  • 大阪ガス
  • NTT西日本
  • 中国実業団駅伝大会2019のニューイヤー参加チーム一覧

    中国実業団駅伝大会2019の参加チームになります。

  • マツダ
  • 中電工
  • 中国電力
  • JFEスチール
  • 九州実業団駅伝大会2019のニューイヤー参加チーム一覧

    九州実業団駅伝大会2019の参加チームになります。

  • 旭化成
  • 黒崎播磨
  • 九電工
  • 安川電機
  • MHPS
  • トヨタ自動車九州
  • 西鉄
  • ひらまつ病院

  • スポンサーリンク

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補・優勝予想

    2020年のニューイヤー駅伝の優勝候補、優勝を予想しています。

    旭化成、トヨタ自動車、GMOアスリーツ、コニカミノルタ、Hondaが優勝候補となります。

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補1:旭化成

    ニューイヤー駅伝市場4度目の4連覇がかかる前回王者。ニューイヤー駅伝で過去最多の優勝を誇ります。

    村山謙太選手、村山謙太選手、市田孝選手、市田宏選手、鎧坂哲哉選手、山本修二選手など箱根駅伝で活躍した選手が在籍しています。

    九州実業団駅伝で大会新で優勝して選手層は、今大会でも優勝候補No.1です。

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補2:トヨタ自動車

    2015年、2016年に連覇、2017年、2018年、2019年は2位と毎年上位と安定感は抜群です。

    トヨタ自動車は、東京オリンピック代表の服部悠馬選手、宮脇千博選手、藤本拓選手など注目の選手が在籍しています。

    2020年も上位の成績を残すことになるのではないでしょうか。

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補3:コニカミノルタ

    8度の優勝を誇る名門は、東日本実業団駅伝競走大会で優勝しています。

    ベテランから若手までチーム一丸となって優勝を目指せるチームです。

    名門が復活して令和で初優勝を狙います。

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補4:GMOアスリーツ

    2020年のニューイヤー駅伝は初出場になりますが、ダークホースとして初出場で初優勝の可能性もあります。

    一色恭志選手、下田裕太選手、森田歩希選手、林奎介選手は青山学院で箱根での優勝メンバーです。

    青山学院で活躍した中心メンバーで初出場で上位進出を目指します。

    ニューイヤー駅伝2020の優勝候補5:Honda

    絶対的エースの設楽悠太選手は、マラソン前日本記録保持者です。

    設楽悠太選手だけではなく東日本実業団駅伝も2位と総合力もあります。

    若手の活躍によっては優勝する可能性もありますね。


    スポンサーリンク

    ニューイヤー駅伝2020の注目選手は設楽悠太選手・田村和希選手・服部悠馬選手・服部弾馬選手・服部弾馬選手・井上大仁選手

    ニューイヤー駅伝2020年の注目選手です。

    ニューイヤー駅伝を観戦するときには、設楽悠太選手、田村和希選手、服部悠馬選手、服部弾馬選手、服部弾馬選手、井上大仁選手の注目選手の走りに注目すると面白くなります。

    設楽悠太選手(Honda)

    マラソン前日本記録保持者、マラソングランドチャンピオンシップ14位

    田村和希選手(住友電工)

    箱根駅伝4連覇
    2019年日本選手権10000m優勝

    田村友佑選手(黒崎播磨)

    黒崎播磨のエースで田村和希の弟。
    九州予選では1区区間新記録

    服部悠馬選手(トヨタ自動車)

    マラソングランドチャンピオンシップ2位

    服部弾馬選手(トーエネック)

    2018年日本選手権5000m優勝
    服部悠馬選手の弟

    井上大仁選手(MHPS)

    2018年アジア大会優勝、マラソングランドチャンピオンシップ27位

    今井正人選手(トヨタ自動車九州)

    元祖山の神
    マラソングランドチャンピオンシップ25位


    スポンサーリンク