最近は回転寿司も多様化され、値段が安い店やサイドメニューが豊富な店などが増えてきました。

東急プラザ銀座のレストランフロアにある「根室花まる」は、銀座のファッションビルに入っている回転寿司ということで、いつも行列ができる店と言われています。

銀座の回転寿司の値段が気になりますね。行列ができるほどなので待ち時間や予約可能なのか、店の大きさや席数、カウンター席とテーブル席など、気になることを調べてみました。


スポンサーリンク

回転寿司根室花まる銀座店のランチや夜の行列の待ち時間は?

「回転寿司根室花まる」銀座店は、東急プラザ銀座10階のレストランフロアにあり、全面ガラス張りの店内からの見晴らしも良く、新鮮なネタの寿司の味も都内最高レベルと言われており、景観の良いところで美味しい寿司が食べられるということで行列が絶えないと言われています。

寿司というと以前は特別な日のご馳走というイメージでしたが、最近は安いチェーン店の回転寿司店も増え、休日などは家族連れの客が気軽に訪れる様子が見られます。

しかし、回転寿司といっても場所が銀座となると少し肩に力が入ってしまいそうですが、東急プラザという複合商業施設のレストランフロアにあるということで、気軽に入れるようでいつも行列が絶えないと言われています。

ネタも新鮮で味もいいと口コミでも評価が高いです。テレビの情報番組でも紹介されるほどなので、余計に行列が絶えないのかもしれませんね。

待ち時間は、平日でも30分から1時間は普通のようです。土日のお昼などは、やはり買い物客や家族連れで行列も長く1時間半から2時間待ちは当たり前のようですね。

時には開店30分前でも4、50人くらい待っている人がいるということで、日によってですが最低でも30分は待つようです。

しかし、回転寿司のランチはそれほどゆっくりする人も少なく人の流れもあるので、待ち時間もあまり長いと感じないかもしれないですね。

夜になると早くて1時間待ちという人が多く見られます。やはりランチと違いゆっくり食事をするという感じになるのでしょう。

混雑を避けて、20:00過ぎに行くとそれほど待たなくて入れるようですが、あまり遅い時間になるとネタ切れも出てくるので、ちょっとつまみたいと思うならいいのですが、食べたいネタがあるときには行列に並び待った方がいいかもしれません。

根室から直送の新鮮なネタを使った寿司なので、行列に並んでも食べる価値はありそうです。

予約はできるのか?

「回転寿司根室花まる」銀座店は、テーブル席・カウンター席合わせて75席と、広い店内になっています。

いつも行列で待ち時間も結構かかるので予約していきたいところですが、残念ながら席の予約は不可となっています。

やはり店に行って混んでいたら行列に並んで待つしかないようです。銀座店では持ち帰りの寿司の販売もしていません。

ただ、行列に並び自分の番が呼ばれ、席に着いたときに食べる寿司は格別でしょう。

また、新鮮な寿司だからこそ持ち帰りよりも店内で食べてほしいのかもしれないですね。営業時間は、11:00から23:00(L.O.22:00)までです。

おすすめのメニューや値段は?

「回転寿司根室花まる」銀座店は、銀座ということで値段も高いと思われているようですが、東急プラザ10階のレストランフロアにあり、値段を見ると甘エビ、銀ガレイ、巻物などは130円。イカ、サーモン、バチまぐろ、ハマチなどは190円。生ウニや1本アナゴなどが一番高い皿で580円となっています。

北海道の店ということで、190円皿には、ざんぎ、ざんぎ巻きなどのメニューもあります。

根室から直送されるネタは新鮮で、おすすめメニューはその日によって違い、毎日今日のおすすめというメニュー表があるので、そこから選ぶのがいいでしょう。

自分の食べたい寿司が流れていない時には紙に書いてオーダーするというシステムのようです。

皿の値段は、ネタによって130円・190円・260円・340円・420円・580円と6種類あります。

回転寿司ということで値段設定も手ごろになっており、行列ができるのも納得しますね。

まとめ

東急プラザ銀座にある「回転寿司根室花まる」銀座店は、ネタの新鮮さと味の評判も良く、東急プラザ内のレストランフロアにあるということで、行列のできる店で有名です。

待ち時間は早くて30分から長くても2時間と、曜日や時間によって待ち時間に幅がありますが、席の予約ができないので、美味しいお寿司を食べるために長い待ち時間も気にせず行列に並ぶ人も結構います。

1皿130円からの値段設定は気軽に楽しむことができるので、時間に余裕があるならば、景色を楽しみつつ美味しいお寿司を食べてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク