• 仮想通貨初心者
    仮想通貨のやり方!初心者が知っておきたいおすすめの基礎知識

仮想通貨が不正アクセスにより流出した問題について連日ニュース報道がありますが、報道を見て仮想通貨を知ったという人もいるでしょう。

NEMについてはネガティブな話ばかりが多く、今後どうなるのか心配している人も多いのではないでしょうか。

2017年は仮想通貨元年と言われ、通貨を購入する人が多くいました。

2018年になり1月も終わりという時に大きなニュースが飛び込んできたので、NEMの今後の予想や将来性があるのか調べてみました。


スポンサーリンク

仮想通貨nem(xem)の今後の価格予想!

2018年1月末に飛び込んできた不正アクセスによりコインチェック取引所に預けられていたNEMの5億2300万XEM(時価総額約580億円)の盗難事件のニュースは仮想通貨を購入していた人には少なからずショックだったのではないかと思います。

しかし、コインチェックが、NEMの保有者26万人全員に対し日本円にして返金すると言った処置をすることで少しは落ち着いてきたように見えます。

NEMは2017年12月に高騰を見せました。中国発のLINEのようなチャットツールとNEMが連携するといった誤報が流れたのが原因だったようですが、誤報とわかってからもしばらくは価格が上がり、NEMの強さがわかったような気がします。

今回の騒動でもNEM離れが懸念されましたが、返金ということがユーザー離れを阻止したのか他の取引所を見てわかるように今は静観という人が多いのかもしれないですね。

取引所は国内ではザイフや、海外にもいくつかあります。ザイフにアカウントを作れば取引が可能なので売買も簡単にできます。


スポンサーリンク

2018年は1月から大騒動がありNEMに限らず仮想通貨全般に今後の価格予想がより難しくなったと思います。先が見えないということでネガティブ要素、ネガティブイメージが強くなったかもしれませんが、かえって今回の騒動でセキュリティ面の強化が図れ、仮想通貨に興味を持つ人が増え購入に繋がるかもしれませんね。

将来性はあるのか?

NEMの盗難事件により仮想通貨をやっている人に大きな衝撃が走ったと思います。

連日ニュースになりNEMの保有者だけでなく他の通貨の保有者も不安になっているかもしれません。

しかし、今回のことで金融庁が仮想通貨取引所にシステム再点検を要請したということで、ハッキングなどのサイバー攻撃から情報システムや業務用端末を保護するセキュリティ面でも強くなり、今回のようなことが繰り返されることもなくなるのではないでしょうか。

残念ながらNEMの盗難事件でイメージダウンになったかもしれません。

コインチェックの一部業務停止命令の可能性があるなどの話が上がっていますが、コインチェック取引所は今後も引き続き事業を継続すると言っているので、セキュリティ強化に力を入れサービスの再開を目指しています。

2017年は仮想通貨に多くの人が注目し購入することによって高騰をみせ、仮想通貨そのものにポジティブな人とネガティブな人に2分されました。

2018年になり、ネットやテレビ番組、ニュースなどでも仮想通貨関連について情報が溢れるようになり、ネガティブなイメージを持っていた人も少しずつ興味を持つようになり仮想通貨を始める人が増えてきました。

NEMは今後韓国の取引所「Coinlink」への上場予定との話もあり、もし上場した場合急騰もあり得るので、ネガティブイメージを一掃し一気に価格も上昇する可能性があります。

2017年は100円未満で買えましたが現在の価格は110円未満です。

各取引所のセキュリティも強化され、海外の取引所に上場した場合を考えるとNEMの将来性も高いかもしれません。

はっきりとは言えませんが、上場前に購入することをおすすめします。

まとめ

NEMはコインチェック取引所の不正アクセスによる盗難事件で大きなダメージを受けたかもしれません。

しかし、NEMだけじゃなく仮想通貨全般、各取引所は今回の騒動によりセキュリティ面の強化に力を入れ、ネガティブイメージを払拭するのではないでしょうか。

今回のようなことがあると今後の価格予想をするのも難しいのですが、NEMが韓国の取引所へ上場する予定という話もあり急な価格変動もありえるかもしれません。

海外の取引所への上場の話も出ているということは将来性のある通貨と言えるのではないでしょうか。

現在はイメージも厳しい時期ですが、これから落ち着きを取り戻すと仮想通貨もより注目を浴び購入する人が増えるかもしれないですね。


スポンサーリンク