これからの季節、旬の野菜といえばネギですよね。薬味や、冬の定番メニューの鍋に欠かせないネギは、買い置きしておくと色々な料理に使える万能野菜と言えるでしょう。

安売りの時に多めに買って保存しておきたいネギですが、家庭によっては多めに買っても保存しておく場所がなく困る人もいると思います。

これから旬の野菜ネギの保存期間について、常温の場合と冷蔵、冷凍の場合、どのように日持ちの違いがあり、どのくらいもつのか調べてみました。


スポンサーリンク

ネギの常温の保存期間とは?

ネギの保存期間
ネギを多めに買ってきても冷蔵庫や冷凍庫に入れる場所がない時などは、常温で保存しておかなければなりませんね。

また、季節柄根付きで買った時でも保存方法は変わってきます。

まず、根付きネギの保存の1つ目の方法は、自分の家庭に土のあるところがあったら、そのまま植え直してみてください。

土のあるところがない場合はプランターなどに植えても構いません。

場所にもよりますが、1〜2ヶ月もつことができるとのことです。

しかし、もし葱坊主が出てきたら硬くなって食べられなくなるので、根のところだけ土に植えたまま途中で切ると、切ったところからまた新しい芽が出てきてまた食べられるようになります。切ったものはなるべく早めに食べてください。

2つ目の方法は、新聞紙に包んだり、コメの入っていた袋か通気性のいい袋にネギを入れておき、陽の当たらない暗くて涼しいところに立てておくといいそうです。

2つ目の方法の保存期間は2週間くらいです。保存状態が良いと1ヶ月もつ場合もあります。

もし乾燥して色が変わっても皮を向けば、中は新しいので腐らない限り食べることができます。

根付きでない場合はそのまま新聞紙に包んで陽の当たらない涼しいところに置くと最低1週間から10日間はもちます。

ネギは常温でも保存方法次第で、1週間から2ヶ月までもつとのことですが、長く保存しておきたい場合、涼しい場所と湿気に気をつけてください。

ネギの冷蔵の保存期間とは?

ネギの保存期間
スーパーなどでネギを買う場合、よく3本1束で売っているものを選びますよね。1回で使い切れない場合、冷蔵保存することが多いでしょう。

上手に保存すれば、ネギの状態が新鮮のまま長く食べられます。


スポンサーリンク

ネギの保存方法は立てて冷蔵庫に入れるのがいいのですが、長いまま冷蔵庫の野菜室に入れるのもなかなか難しいですよね。

その場合、葉の部分と白い部分を分けて切り、冷蔵庫に入れる場合もやはり水分に気をつけないといけません。

湿らせた新聞紙やキッチンペーパーに包んで、ラップかポリ袋に入れ空気が入らないようにして、立てて冷蔵庫の野菜室に入れるといいですね。

立てるのが難しい時はペットボトルを半分に切ってそこに立てると倒れずに入れて置くことができます。冷蔵庫に入れた場合の保存期間は1週間を目安に食べ切るようにしてください。

ジップ付きの袋の場合も保存期間は同じくらいです。刻んだネギの場合は、キッチンペーパーでくるみ、タッパーに入れて冷蔵庫で保存してください。

キッチンペーパーが濡れてきたら新しい物に取り替えて、できるだけ水分の無い状態を保ってください。1週間もつと言われていますが、新鮮さに栄養価などを考えると早めに食べることをお勧めします。

ネギの冷凍の保存期間とは?

ネギは冷凍保存ができる野菜です。用途に合わせた切り方をしてから冷凍した方が使いやすいですね。

長いまま冷凍してしまうとネギ同士がくっついてしまい、解凍する時に余計な水分が出てきて切りにくく料理もしにくいです。

なので、水分をよく拭き取りそのまま5センチくらいの長さに揃えて切ったり、斜め切りにしたり、刻んだり、みじん切りにしたりと、それぞれの切り方にしてキッチンペーパーにくるみ、ラップするか、フリーザーバッグに入れて冷凍保存すると1ヶ月はもちますし、料理するときも冷凍のまま使うことができます。

刻んだものをそのまま冷凍すると固まって使いにくい場合があるので、冷凍庫に入れ1時間ほど経った頃に取り出し、袋を振ったりしてネギをバラバラにし、また冷凍庫に入れる作業を2回ほど繰り返すと固まらなく楽に料理することができます。

冷凍庫に入れてしまうと忘れがちですが、保存期間は1ヶ月を目安に食べるよう気をつけてください。

ネギの驚異の栄養と効能とは?食べ過ぎに注意!加熱の効果は?

まとめ

今回はこれから旬を迎えるネギの保存方法について紹介してきました。

根付きのままのものや、スーパーで束になって売っているものそれぞれ、常温での保存方法、冷蔵での保存方法、冷凍での保存方法がありますが、保存期間はあくまでも目安なので、より新鮮なものを美味しく食べるのが一番ですね。

冷蔵したものはなるべく早めに食べることと、冷凍すると食感も変わってきますので工夫しながら料理し、より美味しく食べるようにしてください。

野菜の値段も高くなっているので、安売りしている時にまとめ買いをした場合など、それぞれの保存方法を見本にしてみてはいかがでしょう。


スポンサーリンク