今ネットでも話題になっているナスD。毎週火曜日夜11時15分から放送している「陸海空 こんな時間に世界征服するなんて」に取材ディレクターとして出演しています。

ナスDと検索すると「森崎友紀・ブログ」と出てきます。2人はどのような関係なんでしょう。またナスDと呼ばれるのは紫色しているから黒いのは何故なのかその原因は?またナスDの名が定着していますが本名はなんというのでしょう。話題のナスDに迫ってみました。


スポンサーリンク

ナスDと森崎友紀の関係とは?

ナスDの存在がやばいとネットで話題になっています。ナスDって誰って思う人も多いでしょう。

毎週火曜日11時15分から放送されている「陸海空 こんな時間に世界征服するなんて」の1コーナー「部族アース」に取材ディレクターとして同行し、冒険者であるU字工事と、先住民族の生活に密着し紹介するのですが、メインであるU字工事よりも目立った存在なのです。

あまりに破天荒な行動で現地の人も引いてしまうのですが、ナスDはなんと既婚者らしいのです。そしてその相手が料理研究家としてテレビや雑誌でよく見る森崎友紀さんではないかと言われています。

森崎友紀さんは2016年1月に5歳年上の一般人と結婚したことを発表しているのですが、一般人ということで名前などは公表していません。しかし、ブログを見てみると、旦那さんが仕事で秘境の地へ旅立ったという記事の写真のリュックがテレビに映ったナスDのものと同じだったり、アマゾンから帰ってきた時のお土産の写真には、“クンクン”という巨大カタツムリや、本物のピラニアキーホルダーやお守り、ブレスレット、仮面などがあり「部族アース」のインスタに載っていた現地のお土産と似ているのです。

これだけで夫婦?とは証明できませんが、旦那さんがお土産に買ってきた食料品で数日間ペルー料理を作ったりとあまりにも偶然が多すぎるので、やはりナスDと森崎友紀さんは夫婦関係だと思います。

ナスDって誰なのか?ウィトの実で染めた黒い肌は治るのか?

ナスD

紫色や黒い理由は何故?

「陸海空 こんな時間に世界征服するなんて」が話題になり、最近見始めて驚いた人も多いのではないでしょうか。ナスDと呼ばれる人は何故こんなに紫色というか、黒い顔をしているんだと。


スポンサーリンク

ナスDは好奇心旺盛な性格に人柄がいいので、現地の人とすぐ仲良くなるのですが、シピボ族という原住民の生活に密着取材をしている時に、お母さんに美容にいいと言われ、ウィトという実の果汁を顔や腕、脚など全身に塗りたくります。

じつは、ウィトの果汁は髪の毛の染料であり、一度塗ると絶対落ちないというもので、これでもかというくらいに塗ったナスDが黒くなり、普段温厚な性格なのにイラっとして八つ当たりする場面も見られました。

ただ、黒くなる原因を知らずに見た人も多くいるでしょう。しかし、よほど「部族アース」のナスDの人気が高いのか、よくシピボ族での生活やウィトの果汁を塗って黒くなったところが放送されています。ついにスペシャル番組放送決定となり毎日CMも流れるので興味を持った人も多いでしょう。

ナスDはなぜ黒い?治るのか元に戻るのか?嫁は誰なのか?

ナスDの本名が知りたい

ナスDの呼び名が定着していますが、本名は友寄隆英さんであり、ナスDになる前は友寄Dとなっていました。友寄隆英さんは、テレビ朝日のゼネラルプロデューサーとしてたくさんのバラエティ番組を担当しています。

36歳でゼネラルプロデューサーになるというのは異例の早さだそうです。努力をすることは誰にも負けないと言い切っていますが、番組制作においては自らシミレーションをし、面白いものを作るという姿勢が出演者の信頼を得ているとのことです「部族アース」では破天荒なところが見られますが、同時に人柄の良さも伝わってきます。

友寄Dの人気は、いつも一生懸命なところが面白さを引き出しているからでしょう。

ナスDが気絶!その後は大丈夫なのか?原因や理由が知りたい

まとめ

ナスDが結婚していたことも驚きですが、相手はなんと料理研究家の森崎友紀さんらしいのです。森崎友紀さんのブログでの旦那さんの記事や写真がナスDに結びつくことが多く、旦那さんは一般人と言っていましたが、ナスDと森崎友紀さんは夫婦だと思われます。

ナスDと呼ばれるようになったのは紫色の顔をしているからですが、何故かというとシピボ族での生活でウィトという実の果汁を全身に塗ったせいです。

ウィトの果汁は髪の毛の染料なので、塗ってしばらくすると黒くなるのです。ナスDの呼び方が定着しましたが、本名は友寄隆英さんでテレビ朝日の敏腕プロデューサーです。芸人さながらこれからも破天荒さで驚きと笑いを届けてくれるでしょう。


スポンサーリンク