zaifとbitflyerを比較すると手数料が安いのはどちらになるのでしょうか。

ビットフライヤーはCMでもお馴染みで取引高も多く国内でもトップクラスの取引所になります。

zaifもcomsaで109億円の資金調達をして今後はさらに注目が集まるのではないかと思います。

zaifとbitflyerどちらでモナコインやビットコインなど購入したほうがいいのか紹介します。


スポンサーリンク

モナコインはzaifとbitflyerを比較、手数料が安いのは?

bitflyerは、ビットフライヤーが保有しているモナコインをモナコインを購入する(販売所)形式を採用しています。

Zaifは、モナコインを買いたい人と売りたい人が直接取引できる(取引所)形式を採用しています。

bitflyerを経由しているため手数料が高くなってしまうということです。

bitflyerだけではなくコインチェックも販売所形式となっているので、手数料は高くなってしまいます。

手数料だけ比較するとzaifの方がなります。

なので、私の場合はzaifでは、モナコイン、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ネムを買ってzaifで買えないアルトコインはコインチェックで買うようにしています。

海外でビットコインやアルトコインを買うと手数料が安い取引所もありますが、英語だったり対応が良くなかったりするので、やっぱりzaifなどの日本で購入するのがおすすめになります。

zaifの積立

zaifの積立を設定しておくと毎月27日に自動で銀行口座から引き落としてくれます。積立金額を変更しない限り同じ金額が引き落とされます。

毎月最低1000円以上で、最大1000000円まで設定できます。

手数料は最低100円になっていますが、50000円でも750円しかかかりません。


スポンサーリンク

50000円もzaifに預けることができたらすぐに手数料の金額は取り返すことはできると思います。

2017年当初からzaifで積立をしていたら10倍、20倍になっていた人も多いと思います。2018年もzaifで積み立てることによって資産が増えてくれるのではないでしょうか。

私も2018年は積み立てたり、短期売買をして資産を増やしていいこうと思っています。

こんなに稼げるのは今しかないと思うので、積み立てるなら早いほうがおすすめになります。

zaifの手数料をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

積立金額 手数料
1000円~2000円 100円
3000円~9000円 3.5%
10000円~29000円 2.5%
30000円~49000円 2%
50000円 1.5%

bitflyerで買ってしまった方でもzaifに資金を移動させることもできます。送金にはそんなに時間はかからないと思います。

これからはzaifに切り替えてもいいのかもしれませんが、面倒であればそのままでもいいと思います。

まとめ

zaifとbitflyerを比較すると手数料はzaifの方が安くなっています。

どちらの取引所でもメリット、デメリットありますが、手数料だけを比較するとzaifの方がおすすめになります。

zaifは積立てもできるので、仮想通貨に興味がございましたら登録してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク