「モナコイン」は日本発の仮想通貨ではありますが2ちゃんねる発祥ということで、ネタコインのイメージが強くそれほど興味を持つ人も多くはありませんでした。

しかし、若者からの指示が多くモナコインは初心者でも買いやすい通貨ということで購入する人が増えてきたように思えます。

これから仮想通貨を始めようと考えている人で、モナコインを選ぶ方にモナコインの買い方や売り方、おすすめの取引所はzaifなのかビットフライヤーなのかモナコインについて紹介したいと思います。


モナコインの買い方や売り方!

猫のコインでおなじみのモナコインですが、数多い仮想通貨の中でも日本発ということで、親しみを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、反面2ちゃんねる発祥ということでネタコインというイメージも多く、初めはあまり購入する人も少なく注目度も低かったように感じます。

ただ、2017年10月にビットフライヤーでの取り扱いが始まった途端に大きな価格変動があり、高騰を見せ一気に注目を浴びました。

今となってはネットでもモナコインについて調べたり、購入するべき通貨と言われるようになりました。

2ちゃんねるから始まったモナコインなので、若者の注目度が高いのはインターネットに強いということでこれからまだまだ伸びるのではないかと考えられる通貨の一つだと思われます。

初心者にもお勧めできるモナコインの売買について知っておいたほうがいいのではないかということを調べてみました。

まず、仮想通貨を始めるためには取引所に登録しなければなりません。登録後ハガキが届いたら取引開始ができます。

まず、取引所に日本円を振り込みます。振り込み方法はいろいろあります。銀行振込・クレジットカード入金・コンビニ入金・Pay-easy・海外からのUS入金。

手数料が安い方法を選ぶか、時間など気にせずいつでもどこでも入金できる方法を選ぶかは人それぞれですね。

手数料で考えれば銀行振込がおすすめですが、時間がない時や銀行に行けない時などはどこでも入金出来るクレジットカードが便利です。

取引所でのモナコインの買い方は、Zaifビットフライヤーのサイトを開きます。

Zaifの場合は、取引所と簡単販売の2種類あります。取引所はユーザー間での取引ができます。

初心者はまず簡単売買で慣れてから取引所でユーザー間との取引をしたほうがいいかもしれません。

ビットフライヤーでモナコインを買う場合は、アルトコイン販売所をクリックし、モナコインを選び、買いたい数量を入力します。

難しく考えるとなかなか手が出ませんが、サイトでは、チャート表を見ながら考えることができ、チャートも瞬時に数値が変動するので焦らずに売買の時期を考えることができます。

売り方もサイト内でチャート表を見ながら、Zaifの場合は売り注文、ビットフライヤーの場合アルトコイン販売所のコインを売るというところをクリックするだけです。

取引所に現金が入っていれば簡単に売買できるので、買い方も売り方も難しく考えることなく取引できます。

zaifやビットフライヤーがおすすめ

モナコインの取引所としては、買い方、売り方などを考えるとどの取引所を選べばいいのか悩むところですが、多くのユーザーはZaifをおすすめしていますね。

それはやはり手数料だと思います。Zaifの手数料が安いというところが魅力だと思います。ビットフライヤーはテレビCMでもよく見ますが、日本でも大手の取引所です。

しかし、手数料で考えるとZaifの方が安く使いやすいと言われています。

日本ではcoincheck、ビットフライヤーZaifが有名な取引所です。

海外ではもっと多くの取引所がありますが、やはり日本の取引所は日本語が使え、安心できる面でおすすめでしょう。

ビットフライヤーでの取り扱い開始に伴って高騰を見せたモナコインなので、ビットフライヤーを選ぶ人も多いかもしれません。手数料を考えるとZaifを推す声が多いです。

取引所によってメリット・デメリットがありますが、まずユーザー登録をし、少額から取引してみて自分にあった取引所を選ぶのもいいですし、通貨によって取引所を使い分けるということもあります。

モナコインは、まだまだ伸びる傾向にあるので、買い方を見極める上でもZaifかビットフライヤーか、自分に合った取引所を選ぶことも大事かもしれないですね。

手数料が最安値のZaifがおすすめ

まとめ

最近注目を浴びているモナコインですが、若者の間でも話題になり仮想通貨を始めようとしている人におすすめな通貨です。

しかし、買い方や売り方などわからないと始めることができません。

まず取引所に登録してください。おすすめの取引所は、Zaifビットフライヤーでしょう。

取引所のサイトでは丁寧に売買の仕方がわかるようになっています。

手数料や取扱通貨、送金の速さなどを見極め、自分に合った取引所を選び仮想通貨を楽しむのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク