ANZEN漫才のみやぞんと言えば、日本テレビ系列の人気番組である「イッテQ」出演をきっかけにブレイクした今が旬な芸人の1人です。

若者に人気の高い番組だけに、出演者であるみやぞんも早速ネットの噂の餌食になっていると言える状況です。

この記事は、ネットで流布されているみやぞんに関する噂の真偽を探る記事となります。


スポンサーリンク

みやぞんの韓国人?免許証で判明したのか?

みやぞんに関するネットの噂の1つに、「みやぞん韓国人説」があります。そこで、この噂の発生源となった元ネタでもあるのかと思い、個人的にみやぞんの経歴に関して調べてみました。

みやぞんの生まれに関しては、東京都足立区出身となっており、当然ながら日本生まれの日本育ちです。

近年の日本では珍しい5人兄弟の末っ子として、みやぞんは生まれて来ており、本名は宮園大耕と言います。ちなみに、末っ子なれど、上は姉のみなので長男となり、芸人に多い次男ではないんですね。

とはいえ、子沢山=仲良し家族というシンプルな構図ではなかったようで、かなり複雑な家庭にみやぞんは育ちました。近年ブレイク中の俳優・高橋一生と同じ境遇と言いますか、母親が男の出入りが激しい人物だったようで、みやぞんは4人いる姉たちとは父親が別という家庭育つことになりました。

ちなみに、4人の姉は同じ父親の子供なのかと言うと、それもまた違っており、母親の1人目の夫の子供が長女・次女であり、2人目の夫の子供が三女・四女という、かなりヘビーな家庭がみやぞんの実家となります。

複雑過ぎる家庭に育ったみやぞんは、思春期になるとグレた…というようなことはなかったようで、スポーツ少年として地道に努力を続けていたようです。小学時代は野球で中学時代はテニス、高校時代になるとまた野球に戻るという、少し奇怪なスポーツ遍歴を辿っているため、中学時代は人間関係などの問題から、野球部への入部を避けたい事情などはあったのかもしれません。

中学時代に寄り道をした割には、都立荒川商業高等学校時代のみやぞんは、エースで4番を任されています。甲子園などには出ていないようですが、本人曰く「大学からスカウトが来た!」という程度には有望な投手だったようです。

その後のみやぞんですが、芸人を目指して幼馴染のあらぽんと一緒に芸能の世界に飛び込むわけですが、ここまでの経歴上、韓国が絡んでくる要素がないように思えます。

ネット上の「みやぞん韓国人説」に関しても、「見た目が韓国人に似ている」だの主観的な噂が多く、「ネットのデマじゃないのか?」とつい結論づけそうになってしまう状況です。


スポンサーリンク

ところが、ネットの噂には珍しく「みやぞん韓国人説」には、ちゃんとした証拠が存在しました。2015年4月に出演したバラエティ番組で、みやぞん本人が「免許証を取りに行ったら外国人登録証明書が必要と係員に言われて、そこで自分が初めて韓国人と知った」と発言している事実が確認出来ました。

みやぞんの芸人としての本格的なブレイクは、2016年夏以降にイッテQにレギュラーとして加わって以降なため、昔のみやぞんの発言を覚えていた人物たちが、ネットで「みやぞん韓国人説」を流布していたのでしょうね。

とはいえ、これはあくまで国籍制度上のことであり、みやぞんが日本生まれで、日本の学校制度の中で育ったことは間違いありません。このような問題で、誰かを差別しようとする人間がいるならば、考えを改めるべきことでしょうね。

みやぞんの障害はうそなのか?

若者に人気が高いほど、ネットで変な噂を流される宿命でもあるのでしょうか?

みやぞんに関しては、「障害がある」という噂がネットで流布されてもいます。

高校球児として活躍をしたみやぞんですから、身体的な面では常人より優れていると言えるくらいですよね。このため、身体的な障害という面はまず考えられません。

ネット上での噂でも、みやぞんの障害説に関しては、ADHD説が主流となっています。しかし、みやぞんは上記でも述べているように、元スポーツ少年でバリバリの体育会系です。高校時代にはリア充の頂点の1人である高校球児として活躍をしています。

コミュ力命である体育会系の世界で長年過ごしているみやぞんに、果たしてそのような障害があるのかは疑問に思いますね。

おそらくは、バラエティ用のボケキャラぶりを見た若者が、みやぞんがADHDだと勘違いしてしまっているだけなのが、この噂の真相だと思われます。

つまりは、「みやぞん障害説」に関しては、若い視聴者が芸人としてのみやぞんのキャラを真に受けて流してしまったうそという結論になりそうです。

みやぞんのピアノはロンハーでのやらせ?独学だからすごいのか?

まとめ

ネットの噂もたまには本当なこともあるということで、「みやぞん韓国人説」に関しては、テレビ番組での本人の発言により真実だと判明しています。

しかし、「みやぞん障害説」に関しては、芸人としてのキャラと本人を勘違いしてしまった視聴者が流したデマという結論になります。

テレビ番組=フィクションの世界ということを忘れずにテレビを見ましょう!


スポンサーリンク