松岡茉優さんといえば、世間的には大河ドラマ「真田丸」の春(真田幸村の正室)役や朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の入間しおり役で有名ですね。近年は、連ドラで主演も増えている今最も勢いのある若手女優の1人です。

そんな松岡茉優さんですが、有名女優の宿命か、ネットで色々な噂が飛び交っています。若い芸能ファンの間での噂話なため、本人が見たらショックを受けるような噂がないのは不幸中の幸いですが。

今回は、女優・松岡茉優さんの腹筋のトレーニング方法や彼氏と別れたこと本名や学籍についての紹介記事となります。


スポンサーリンク

松岡茉優さんの腹筋のトレーニング方法は?

松岡茉優さんといえば、まず目につく話題が腹筋です。アイドル顔負けの可愛らしい容姿をした松岡茉優さんですが、実は腹筋がパキパキに割れているという話題となります。

本人主演の連ドラにおいて、お腹の見える衣装を着た際に発覚した事柄なのですが、可愛らしい顔と立派な腹筋とのギャップに、SNS上でも大きな反響を呼びました。

近年はアクション映画も増えていますし、ドラマや映画でダンスシーンを演じることもあります。そのため、体を鍛えておいた方が、女優としての仕事の幅が広がるという事情もあるのでしょうね。

松岡茉優さんがどのように腹筋を鍛えているのかは謎です。インスタグラムなどで、自画撮りで腹筋をアピールする女性芸能人なども最近増えていますが、松岡茉優さんに関しては、ドラマの衣装によりその立派すぎる腹筋が確認出来ただけで、本人も特に何かアピールしているわけではありません。

そのため、トレーニング方法などに本人が言及する機会も当然ありません。ただ、一般的な腹筋の鍛え方としては、まずは有酸素運動が必要です。皮下脂肪を減らす地道な努力を積み重ねてこそ、見栄えの良い腹筋が完成、維持出来るという仕組みです。

そのため、松岡茉優さんもランニングマシーンやエクササイズバイクなどを使い、地道な有酸素運動を続けていたのは間違いないでしょうね。

松岡茉優さんは彼氏と別れたのか?

男性ファンも多い女優なので、彼氏の噂などが気になる方もネット上には多いらしく、松岡茉優さんの恋人の噂は、ネット上で何度も囁かれています。

売れっ子若手俳優の林遣都やSexy Zoneの菊池風磨など、ドラマで共演した芸能人とのゴシップの噂も過去に流れたことがあります。こちらに関しては、根も葉もない噂に過ぎなかったようですが、2015年に写真週刊誌に熱愛をスクープされています。


スポンサーリンク

お相手は加治将樹という役者です。2.5次元舞台を経て、ドラマや映画の世界で活躍をしている男優です。現在までに、ドラマや映画で代表作と呼ばれるほどの活躍はないものの、地道な活動を続けている実力派男優と言えます。

どうやら映画の共演がきっかけで松岡茉優さんと加治将樹の交際は開始したようで、共演=恋愛ゴシップという法則は、まんざらこじつけでもないようですね。

事務所側は、双方で即座に2人の交際を否定していますが、プライベイトの部分までは、事務所が踏み入っても良いわけではありませんので、表向きの否定とは裏腹に、2人は現在も交際が続いているのではないかと思われます。

昔から、恋の経験は女優の成長に繋がるともいいますし、役者になるような魅力的な女性ともなれば、やはり周囲の男性が放っておかない事情もあるのでしょうね。

松岡茉優さんの本名や学歴は?

松岡茉優さんの本名ですが、芸名そのまま松岡茉優さんです。名前はそのままでも名字は変えたりする芸能人が多い中で、案外珍しいケースだと言えます。

学歴に関しては、公立の小中学校を卒業した後、一旦は都立雪谷高等学校に進学しています。しかし、半年も経たずに芸能コースのある私立日出高校へ転向することになりました。

テレビドラマに関しては、2013年(高校2年時)から仕事が増え始めた松岡茉優さんですが、映画では2012年(高校1年時)に3本の映画に出演しているため、やはり通常の学生のスケジュールで高校に通うことは困難となっていたのでしょうね。

松岡茉優さんの日出高校時代に関しては、有望株の売れっ子女優化しつつありましたら、学校に通う機会も少なかったでしょうし、学年の途中から転校して来たということもあり、友達なども出来ずに苦労をしたようなことを本人が発言しています。

青春時代を犠牲にして、若い時分から女優に打ち込んでいる松岡茉優さんだけに、このまま順調に女優として大成をして欲しいものです。

まとめ

バラティ番組などで天然ボケぶりを晒していたり、人柄の良さでは定評のある松岡茉優さんだけに、ネットの噂でもあまり酷いものがないのは特徴的と言っても良いと思います。

本人が日頃から強い結婚願望を口しているだけに、熱愛騒動に関しては、心配になるファンの方もいるでしょうが、アイドルではなく女優である以上は、その辺はある程度の諦めは必要だと言えます。


スポンサーリンク