今、将棋界が熱いです。14歳のプロ棋士藤井聡太四段が28連勝中と注目されている影響でしょう。しかしもう一人の10代のプロ棋士増田康宏四段は、藤井聡太四段の陰に隠れてしまったイメージがありますが、天才棋士として将棋界では注目を浴びています。

19歳のプロ棋士増田康宏四段とはどういう人なんでしょう。注目される6月26日の対局で藤井聡太四段の29連勝を止めるのは増田康宏四段と言われています。増田康宏四段の出身高校や大学、今までの勝率や戦績など調べてみました。


スポンサーリンク

増田康宏四段の勝率や戦績は?

藤井聡太四段が今注目されていますが、同じ10代で天才級のプロ棋士と言われている増田康宏四段を忘れてはいけません。増田康宏四段は残念ながら5人目の中学生棋士とはなりませんでしたが、16歳でプロ棋士になりました。

16歳でのプロ棋士もすごいことです。5歳の時に母親が買ってきたボードゲームセットの中に将棋があり、将棋を始めるきっかけになったのですが、小学生の時からその強さはメキメキと頭角を現してきました。

インタビューなどの記事を見ると、淡々としたイメージがあり研究会にも参加せず詰将棋は意味がないという理由で三段の時にやめてしまったそうです。今は主にコンピュータ将棋が練習相手という無機質な相手と戦うことで精神も鍛えているのでしょうか。

増田康宏四段の勝率や戦績などどうなっているのか調べてみましたが、2017年6月21日対局までで、116戦82勝34敗。勝率70.68%となっています。騎士の強さを数値化したレーディングでも160人中の29位で「1712」となっており、上位の実力を持っていることは数字にも表されていますね。

増田康宏

増田康宏四段の大学や高校はどこなのか?

10代の棋士として注目を浴びる増田康宏四段の出身高校や、大学進学など気になりますよね。調べてみたところ、増田康宏四段は通信制の高校に通っていたようです。大学進学もしていません。

勉強は得意だけど、勉強で結果を出すのは先のことに思え、学んだ分だけすぐに結果を出せる将棋は楽しい。と語っていることから、将棋一色の生活を送ることを選んだのでしょう。増田康宏四段の出身校は通信制の高校ということで、どこの高校かはわかりませんでした。


スポンサーリンク

増田康宏四段は藤井聡太の29連勝止める!

連日ニュースで話題になっているのは、現在28連勝と強すぎる14歳と言われる藤井聡太四段です。増田康宏四段との対局が6月26日に控えています。藤井聡太四段の日本将棋界新記録となる29連勝なるか!?ということで、AbemaTVで無料完全生中継されるそうです。

増田康宏四段は、2017年3月にAbemaTV「七番勝負」という企画で藤井聡太四段と対局していますが、残念ながら敗れてしまいました。増田康宏四段は、この対局を非公式にもかかわらず「これまでで負けて1番悔しかった対局」と言っていました。

年下に平手で負けたのが相当悔しかったのではないでしょうか。増田康宏四段は、藤井聡太四段が三段になった頃に1度対局しているのですが、その時には勝利しているので3月の対局でも勝てると思っていたそうです。まさかの敗戦で自分の想像以上に強くなっていることに驚いていました。

藤井聡太四段が28連勝というニュースで注目を浴びていますが、将棋ファンなら誰もが知る増田康宏四段が藤井聡太四段の29連勝を止めるのではないかと思われています。5人目の中学生棋士を逃した増田康宏四段にとって、注目される5人目の中学生棋士となった藤井聡太四段はいいライバルなのでしょうね。

10代対決として注目を浴びる6月26日の対局ですが、「記憶の増田四段、記録の藤井四段」果たして、藤井聡太四段の29連勝を増田康宏四段は止めることができるのか期待が高まりますね。

増田康宏

まとめ

今将棋界で最も注目を浴びている藤井聡太四段ですが、同じく10代のプロ棋士として将棋界で活躍している増田康宏四段は、5人目の中学生棋士を逃しながらも天才棋士として藤井聡太四段に負けぬ強さを持っていると言われています。

将棋一筋の生活を送るために、通信制の高校に通い、大学進学もしませんでした。増田康宏四段の戦績は116戦82勝34敗で勝率70.68%と実力もあります。

「記憶の増田・記録の藤井」や「関東の天才増田康宏四段」と「関西の天才藤井聡太四段」と言われる2人が6月26日に対局します。28連勝中の藤井聡太四段ですが、29連勝を止めるのは増田康宏四段と言われています。注目される10代のプロ棋士同士の対局の行方が楽しみですね。


スポンサーリンク