リプトンフルーツインティーの大阪店の行列の待ち時間を紹介します。

2018年夏にも4時間以上待つことがあったので、2019年も待つことになりそうです。

メニューや値段についてもまとめてみました。


リプトンフルーツインティー大阪の行列の待ち時間は?

大阪のリプトンの待ち時間は、2017年は最大の待ち時間は4時間を超えていました。2019年夏の行列はどのくらいなのか確認してみましょう。

7月5日は、平日になりますが待ち時間は、45分や1時間20分の人がいましたね。45分待ちと言われたけど1時間20分後になったみたいなので予定の時間より長くなってしまうこともありますね。

土曜日、日曜日は平日より混雑するので1時間以上は並ぶことになりそうですね。

夏休みに入ると混み具合がすごくなると思うので、2時間以上待つことなるかもしれません。

リプトンはローソンでも買うことができるので飲み比べてみても面白いと思います。

メニュー・値段

スペシャルメニューとカスタムメニューの2種類になります。値段は、タンブラー1000円、カップ600円になります。

スペシャルメニューは、「Green」「Red」「Yellow」の3種類から選ぶことになります。

カスタムメニューは、「Cold Brew Ter」「Base Fruits」「Topping Fruits」「Special Accent」「Syrup」の順に選ぶことになります。

店舗情報

店名 リプトンフルーツインティー大阪
最寄り駅 大阪駅
住所 大阪市北区梅田1丁目大阪駅前ダイヤモンド地下街5号
営業時間 10:00~21:00(L.O 20:45)
リプトンフルーツインティーホームページ リプトン

まとめ

2019年夏のリプトンフルーツインティー大阪店の行列の待ち時間は、45分~1時間20分程度のようです。

夏休みシーズンにはさらに混雑する可能性があるので、時間に余裕を持って買うようにしましょう。

リプトンのカスタムメニューは、60000通りもカスタムすることができるので楽しめます。


スポンサーリンク