京口紘人選手の初めての世界戦が2017年7月23日(日)に行われました。京口紘人選手の試合だけテレビで生放送されました。

京口紘人選手の戦績やwiki風プロフィール、世界戦の予想と試合結果を紹介していきます。


スポンサーリンク

京口紘人選手の戦績やwiki風プロフィール

本名:京口紘人(きょうぐち ひろと)
身長:161cm
誕生日:1993年11月27日(24歳)
出身地:大阪府和泉市
中学:和泉市立和泉中学校
高校:大阪府立伯太高等学校
大学:大阪商業大学
所属:ワタナベボクシングジム
戦績:
プロ:7戦7勝0敗(6KO)
あま:66戦52勝(8KO) 14敗

京口紘人選手の父親が空手家だったので、3歳の時から空手を始めています。

お兄さんの京口竜人さんもボクシングをやっていたことから京口紘人選手も12歳から大阪の帝拳ジムでボクシングを始めました。

帝拳ジムでは辰吉丈一郎さんに高校時代は指導を受けていたそうです。

大阪商業大学では大学3年の時に成年男子ライトフライ級で優勝。4年生の時はボクシング部主将をつとめ、台北市カップ国際ボクシングトーナメントでは、日本代表選手として準優勝でした。

大学卒業後は、ワタナベボクシングジムに入って、プロ6戦目で東洋太平洋ミニマム級で王座を獲得。

2017年7月23日にIBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメド選手と対戦します。

現在までの戦績は、7戦7勝(6KO)と無敗で駆け上がってきました。軽量級で1試合を除きKOなので、すばらしい戦績になります。

京口紘人選手のboxrecになります。

京口紘人


スポンサーリンク

世界戦の予想を徹底分析

京口紘人選手の世界戦が2017年7月23日に行われます。

対戦相手のホセ・アルグメド選手はメキシコ出身のボクサーでIBM世界ミニマム級王者で戦績は、23戦19勝(11KO)3敗1分。

KOで負けたことが1度もないのでディフェンス面が優れているといえます。

経験ではホセ・アルグメド選手が上なので、いかに京口紘人選手がホセ・アルグメド選手にパンチを与えられるかがポイントとなります。

身長やリーチもほとんど差はありません。両者とも接近戦に強いので、どのようにパンチを与えられるかが見どころです。

世界戦の試合結果

試合開始前半戦はアルグメドが大振りしてくるが京口紘人選手がかわしながら左ボディを当てていきます。

しかし、京口紘人選手は決定打は当てられないですが、アルグメドの体力を削っていきます。

後半の9Rではアルグメド選手からダウンを奪ってそのままKOになるかと思いましたが、アルグメド選手はなんとかもちこたえて最終Rまでもつれて判定になりました。

判定の結果、3-0で京口紘人選手が勝利しました。
116-111
116-111
115-112

デビューから1年3ヶ月は国内最速記録となり、辰吉丈一郎と同じプロ8戦目での世界王者になりました。

まとめ

京口紘人選手の戦績やwiki風プロフィールを紹介しました。

京口紘人選手は判定になりましたが、世界王者になることができました。今後も世界王者として防衛を続けられるように頑張ってもらいたいと思います。

田口良一の彼女は一般人でかわいいっ本当?ボクシングを観戦してた?


スポンサーリンク